« ワレ考えるは甲府戦の勝利のみ | トップページ | コレクションの趣味の話 »

2009年6月27日 (土)

苦しくても勝てるチームになってきた

とにかく嬉しい。
まずそう言ってしまいたい。それほど意味のある勝利でしたね。
みんな、借りか返せたかい?まだ1試合あるから貸しを作ってから終わりでもいいけどね。
 
前半はとにかくクリアするので精一杯で組み立てるまでいかない時間帯が長かった。
でも、ディフェンス陣が頑張って先制点を許さない。
三木が体を張って、二連続で決定的ピンチを防いだシーンは圧巻だった。
もちろん、額にテーピングを巻いた状態で奮闘した登尾も、おそらく鼻が折れたんじゃないかと思うスンジンも、攻撃にも絡んだ三田も頑張っていた。
ディフェンス陣の頑張りがあったからこそ、徳重の先制点が生まれたのだと思う。
でなきゃ前半12本もシュートくらった中で2失点くらいして試合が決まってた可能性も高い。
先制点の注目はその形。横浜戦と全く同じ形で得点できたのは注目のポイントだ。
 
前半終了間際に追いつかれたが、後半突き放せたことでこのチームの力を証明できた。
何より選手達自身が自分達に自分達の力を証明できたんじゃないだろうか?
大阪から来た少年の存在も大きいが、体をひねり、倒れながら少年にスルーを通そうとした康太に代表されるように勝つという気持ちが苦しくても萎えずに戦える、そして勝てるチームになってきたのを実感している。
 
この勝利の意味は大きい。
でも、勝ち点3を取れて初めて活かされる勝利であることも間違いない。
そして次は徳島にとって苦手な攻撃スタイルを持つ草津である。
そしてアウェイ敷島。
次の試合が今季を左右するくらいの気持ちで挑まないといけないだろう。
でも、今日はとしあえず選手達におつかれさまと言いたいし、サポーターの仲間、特に1クールで甲府に行って悔しさを味わった連中に良かったねと言わせてもらう。
 
さて、眠いのでこれで寝るか。
今日はよく安心して眠れそうだ。いいこと多かったから。

|

« ワレ考えるは甲府戦の勝利のみ | トップページ | コレクションの趣味の話 »

コメント

次は、AWAYでも甲府に勝てる!
・・・という気がします。

というよりも、「勝つ!!」

投稿: (^。^) | 2009年6月28日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワレ考えるは甲府戦の勝利のみ | トップページ | コレクションの趣味の話 »