« 移籍も色々ありまして | トップページ | サッカー批評を読んで.. »

2009年6月21日 (日)

若いってのはいいことだ。( ̄▽ ̄)

意外な即戦力が突然加入し、ホーム初お披露目となった横浜FC戦はかなりの収穫を得た。
いきなり先発に起用するのはギャンブル性も高いが、その分当たり前だが当たったときの獲物はデカイ。
おそらく大部分の徳島サポーターが”巧い”という以上、どのような選手かの情報は持っていなかったと思う。
私もそうだ。
そして巧いが、周囲と噛み合うのか?そんな疑問を胸に抱えながら多くのサポーターが試合開始を待ったと思う。
当然、私もそうだ。
 
結果、いや内容も含め、どのようになったかは説明の必要はないだろう。
その中でも私が注目したのは、羽地のプレーだった。
柿谷が羽地と2トップを組んだことで生まれた化学反応。
石田がどうだというわけではなく、柿谷が羽地のようなプレーヤーの使い方を本能的に持っていたことが大きかった。
そして羽地も柿谷から明らかに刺激を受けていた。
それが、ポジションへの危機感だったのか、自分の欲しいパートナーだったからなのかはわからない。
もしかして両方だったのかもしれないが、先制点のアシストでの粘りのあったプレー、そして2点目時においてサイドでつなぎ、大きく回り込むように相手の目から消えつつゴール前に飛び込み合わせた動き、これ以外にも相手に競り勝ってシュートを飛ばすシーンもいつもより目立った。
ある意味、柿谷以上に秀逸だったと言えなくもない。特に前半は。
出来すぎに近い前半の反動なのか、後半は相手にやらせてしまった印象はあったが、それでも十二分にお釣りのある試合となり、天候が悪い中スタジアムに来た観客はラッキーだったと思う。
もしかしたら、歴史が動き出す試合を観たかもしれないのだ。
いや、そういう試合にこの日の試合をしてあげられるか、してあげることが今からの監督、選手、フロント、スポンサー、地域そして全てのサポーターの責務になったかもしれない。
この日のゴール裏、天候の割には人が多そうな気がした。
もしかしたら、試合前にもう若者の影響を受けているのかもね。
敷島でおじさんにも何かパワーをくれよ。
  
若者は怖いもの知らずだ。
ここに青いユニを着て立っているのは、ある意味お前に理由があるんだぞ。わかっているのか?
まあ、いいけど。

ああ、そういえばホンダロックがガイナーレ鳥取を破ったんだよね、アウェーで。ウチは一応ロック派なんで、ロックの勝利を讃えます。一応ロック派なんで鳥取の昇格の足は引っ張ります。

|

« 移籍も色々ありまして | トップページ | サッカー批評を読んで.. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 移籍も色々ありまして | トップページ | サッカー批評を読んで.. »