« 看過できないニュース | トップページ | 舞浜のクールでデラックスな夏 »

2009年7月28日 (火)

ダービーにかける人達の思いで勝てたのかも...

この試合は勝たないといけない試合だった。
徳島では多くの人が努力し、困難を乗り越え、パブリックビューイングを実現させた。
そのイベントに籠められた思いがある。
だから勝たなくてはいけなかった。
3試合勝てていなかった。前節は試合のクローズが拙かったため土壇場で追いつかれてしまった。
これ以上の足踏みは昇格戦線に残る以前に下位に飲み込まれる可能性もあった。
選手もそうだし、サポーターの気持ちが切れる可能性もあった。
だから勝たなくてはいけなかった。
だが、この日の私は緊張感を全く持たずに平塚にやってきた。
何もこの試合に賭けていなかったのである。
昼間、某所で満足し切るほど遊んだせいもあったろう。
ごくごく平常心で向かった平塚。
「さて、仕事だ。」
そんな感じ。
前回のヴェルディ戦は胃腸炎と悪戦苦闘しながらの参戦。
とにかく自分を振り絞って応援し切る、そんな決意のもとで挑んでいた。変な意味で必死だった。
それとは全く逆!
むしろ、余計なことを考えずに勝負してるって感覚を楽しんだ。
楽しんで真剣に応援できた。かえってその方が自分らしかったかもしれない。
 
徳島は立ち上がりにいきなりヒヤッとさせられたためか、20分までは難しくて危なっかしい守備をしていた。
ここを(湘南の決定力にも助けられたが)失点せずに乗り切れたことが大きかった。
意外だったのは湘南の守備がクロスボールの対応にとても不安定だったこと。
私にすら湘南の守備陣がクロスボールに神経質に対応しているのがわかった。
私は「クロスを入れろ!」と大声で叫び続けたが、そこは羽地のコメントにもあるようにチームは先刻承知だったようだ。
そして私が思うこの日の最高の殊勲者、藤田は積極的に湘南の右サイドを攻略してくれた。
後半は藤田が攻められれば徳島に流れが、藤田が攻撃に絡めないと湘南に流れが傾いた。
 
決勝点も藤田のサイド攻略から。最後のチャンスに近い時間帯だった。
私は速くて低いクロスを入れて欲しかったが、藤田はマイナスのパスを選択。ボールはつながらず湘南の選手へ。
「違うだろ!!」と怒声が出掛かったところで、ボールは何故か徳重に繋がり、決勝ゴールは直後に生まれた。
最後はラッキーもあったが、それもこれもサイドを積極的に攻めたことが最後に結実したのだと確信している。
 
田原のミドルの同点ゴールは、あの嫌な負け方をした小瀬での甲府戦を彷彿させもしたが、この日はウチの藤田がチームをノセてくれた。
もちろん、藤田だけでなく、選手全員が頑張り、監督も作戦を考え、選手を戦わせてくれた。
難しい試合であったと思うが、勝つべき戦いぶりでもあったし、勝ったことは何ら不思議ではない試合だったと思う。
 
これでダービーにいい形で挑める。今日はいろいろなところでダービーを成功させるために頑張っている人達の思いが勝たせてくれたのかもしれない。
パブリックビューイングも盛り上がったようで、これで本番に18000人来てくれるのを祈るばかりである。
今度のダービーは実は色々な思いが懸かり、クラブの将来の足がかりとなるかもしれない大事な試合だ。
多くの人に来てもらい、生でヴォルティスを楽しんでもらい、そして勝利の悦びを共有しないとならない。
ダービーは大事な祭りである。
そして祭りを成功させたいと、真剣になって皆が動いているのが見える。
祭りを企画して成功させるというのは決して安っぽいお祭り気分ではできないからだ。
だが、流れは来ている。
そんな気がする。

|

« 看過できないニュース | トップページ | 舞浜のクールでデラックスな夏 »

コメント

>そして祭りを成功させたいと、真剣になって皆が動いているが見える。
祭りを企画して成功させるというは決して安っぽいお祭り気分ではできないからだ。
だが、流れは来ている。
そんな気がする。


そうですか?

なるほど。

わかりました。

投稿: ウェルダン穂積 | 2009年7月29日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 看過できないニュース | トップページ | 舞浜のクールでデラックスな夏 »