« ”今”を痛感する負け | トップページ | 再び、ミラコスタホテル(2日目) »

2009年8月17日 (月)

再び、ミラコスタホテル

渦帝家の旅行は行くところが大体決まっている。
房総か、那須か、伊豆である。
いづれも私の会社の保養施設があるのだ。
施設や料理の割りに割安なので奥さんに人気がある。
今回もその候補に挙がっていた。Hi3d0746
が、普通は来月行くことが多かったディズニーシー・ホテルミラコスタに空きがあることがわかり、一昨日から一泊してディズニーリゾートへ行ってきました。
車で30分で着くところに泊る意味があるのか?あるんですねぇ。だからミラコスタホテルなんです。
 
お盆休みの最中ということもあって、浦安方面の道は普段より空いていてすぐに着きました。
最初にミラコスタホテルへ車と荷物を預けます。
宿泊者には特典があって、その一つは朝一入場時にディズニーホテル宿泊者の専用入場口からパークに入れるのです。
ディズニーランドの場合はパーク正面の入り口の真ん中が宿泊者優先の入り口になっていて、ホテルで貰った宿泊者の証明書を渡すと一般入場者の長い入場待ち列に並ばずにサクッと中に入れてしまいます。
初日はまずランドへ行きました。
最初にモンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!のファストパスを取りに。
ギリギリでファストパスが入手できましたが、相変わらず高い人気です。
その後はティファニー...ではなく、コーヒーハウスで朝食を。
Hi3d0748 ミッキーのパンケーキを食べて、さて活動開始です。
が、娘はライド系も暗いものも大嫌い。
乗りたがるものといえば、メリーゴーランドなのです。
となるとキャッスルカルーセル。
怖がりがもう少し解消されればもっといろいろ楽しめると思うので、もう少し成長を待ちたいです。
この後は、ウェスタンリバー鉄道に乗り、そのあとシューティングギャラリーへ。
このシューティングギャラリー、前回来た時に8発まで当てたこともあり、密かに全10発命中を狙って燃えておりました。
結構やる気満々で挑み...結果は3回やって、9発、9発、8発。
ネズミまで命中させながら、近い的で痛恨のミスがあり無念の結果に。
 
Hi3d0755 ランドも今は夏モード。
シンデレラ城の前では、びしょ濡れプログラムのクール・ザ・ヒートをやっていました。
シーでやっているクール・サービスに負けないくらいの水が撒かれていました。Hi3d0756
遊ぶという空気がシーより濃いので子供にはランドが向いています。
私はどちらかというとシーの方が好きです。
 
この後、奥さんの学生時代の先輩がシーに来ているということで、早々シーへ移動。
ホテルで2日間両パーク行き来自由のチケット(大人11600円)を買ったのと、リゾートラインのフリーパスも貰っているので移動は問題なし。
シーに着いて最初に行ったのは...やっぱりまたメリーゴーランド(アラビアンコーストのキャスルカルーセル)へ。
Hi3d0759_2 シーに来て気づいたのはエントランスのディズニーシー・プラザでやっているミッキーやミニーのグリーティングが列制に変わっていることに気づきました。
以前は囲み形式で気軽に近づけて、自分から話しかけて写真をお願いしたり、そういうことができること、お客さんもルールを守っているところがシーの良さだったのですがちょっと残念でした。
3時チェックイン前には「チップとデールのクールサービス・デラックス!」に私だけ参加。
ずぶ濡れになりましたが、そのまま泊る部屋に行って着替えられるのでOK。
この日の部屋はポルトパラディーソのハーバーが見える3階の部屋。ハーバー正面からホテルを見て右側でした。
喫煙可のルームということで奥さんは予約時気にしていましたが、タバコの残り香は全くしません。Hi3d0766
何度も利用しているホテルなのですが、何度来ても特別な感じが薄れないです。
 
さて、この後はディズニーランドホテルへ向かいました。
この日のハイライト。といっても娘にとってですが。
ディズニーランドホテルにある女の子向けにディズニープリンセスのドレスアップをしてくれる「ビビディバビディブティック」に予約を入れてあるのです。
ここではコースによってメイクだけのコースから、衣装まで全て用意してくれるコースまで3コースあります。
Hi3d0767 ウチの娘は衣装は持っているので、メイクだけのコースをあらかじめ予約。
ディズニーランド側からホテルのテラスに入り、この看板のある入り口から中へ入ります。
説明を受けてから、ドレスアップルームの中へ。Hi3d0769
 
ウィッグをつけて、コスメパレットから好きな色を選びアイメイク、ルージュもバッチリ。
Hi3d0770  
サッシュもつけて、Hi3d0774
 
ハイ、出来あがり。Hi3d0777
 
このあとはディズニーランドへ。
「ごきげんよう、プリンセス。」とキャストさんたちは娘のプライドを上手にくすぐってくれます。
ごきげんの娘。
で、行き先はメリーゴーランド....。
 

この後は再びシューティングギャラリーへ。
どうしても10発命中させたくて再挑戦。
みごと10発(奥さんと娘のペアも10発)命中させました。
で、グーフィーのバッジを貰いました。
但し、時間が夕方だったので昼間より薄暗くて、銃のサイト(銃身についてる凸凹のやつ)が背景が黒い標的だと見えなくて楽なものを狙ってしまいました。
ま、いいか。
その後は幸運にも少し早いモンスターズのファストパスを譲ってもらえたので、モンスターズを楽しんでからシーへ戻りました。
シーではボンファイアダンスを見つつ、夕食(娘のリクエストのカレー)を食べて、ミラコスタに戻り一日目終了。Hi3d0785
今日は娘のための一日でしたね。
前から行きたい行きたいと言っていたビビデに行けてとても嬉しそうでした。
ここできれいになった女の子を他の女の子が見てやりたがるようになる。
女の子はみんなライバルですから当然そう思うわけです。
内装やキャストさんのノセるテクとか、小さな女の子の”背伸びした~い”願望をくすぐる巧さはさすがですね。モンスターズに乗ったら最後ロズまでが「お嬢さんかわいいね、プリンセスかと思ったよ」なんてセリフ言うんですよ。ビックリです。
いや~、お金かかるわ、女の子は。

|

« ”今”を痛感する負け | トップページ | 再び、ミラコスタホテル(2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”今”を痛感する負け | トップページ | 再び、ミラコスタホテル(2日目) »