« ありがとう、相棒。 | トップページ | オーシ、北九州の地へ。 »

2009年9月 6日 (日)

決めるか、決められないかだけの違い

昨晩は日本対オランダ戦を見た。
ヨーロッパでの代表戦は珍しく、また日本のゴールデンタイムに放映されるのも珍しかったので最後まで見ていた。
試合時間は多分日本のテレビ放映に合わせるように調整されていたのであろう。
夏場のまっ昼間(もちろん現地の)に試合を組むこと自体が普通ではなく、日本のテレビ放映に合わせたマッチメイクであり、それは逆にいうとその条件を飲んだオランダ代表は、既に予選突破を決めているわけでもあり、本気であろうはずもなかった。
前半は日本が試合のペースを握ってオランダに自由にやらせていなかった。
日本は100%の力を発揮しているのが見ていてわかった。
しかし、オランダが本調子を出していないのも見え見えで、後半(少しだが)本気になったオランダに20分で3失点してケチョられてしまった。
いい時間だった日本が前半に得点できなかったことで、この試合で日本代表の評価は結局落ちてしまった。
決めなければこういうことになるのである。
 
同じことは今日のヴォルティスにも言えた。
いや、今日の大黒を岡田さんが見たら、呼んでみたくなったのでは......ないと思うが、呼んで欲しいと思った。
多分呼ばないだろうがね。
話は少し脱線したが、今日の大黒のゴールはいかにもストライカーらしいゴールであった。
ましてや、大黒は代表のFWだった選手である。
動き出し、マークを剥がす動きもさすがだった。
自分のマーカーから逃げ、自分をマークしていないDFの前に意識して飛び込みフリーになる。
そしてシュートも打つ方向を意識している。
ウチのFW陣には申し訳ないが、それが近いレベルでできているFWがヴォルティスにはいない。
もちろんFWとしての特性もあるので一概に比較するのは間違いだが、羽地、金、ファビオ、石田あたりは同じ能力が求められていると思う。
その差で、今日はヴェルディが勝った。
取るべき時間帯にゴールを決められないから流れが逃げたのだ。
簡単にいうとただそれだけの試合だったと思う。
 
ただ、少しづつだが復調もしている。
ここ5試合のうち、横浜戦の前半までは中盤も機能していないので、FWにチャンスそのものが来なかったが、中盤は機能して試合を支配できるようになってきている。
今はフィニッシュに持っていくボール(クロス、パス)の精度とFWの決定力不足が悪い。
決定力不足はなかなか難しいので、前者の精度をあげて欲しい。
今日もクロスの精度はよくなかったし、カウンターにも時間が掛かり過ぎていた。
 
第3クールは厳しい戦いになっているが、相手よりもまず自分達のプレー内容がそうさせていると私は感じている。
ここが踏ん張りどころである。
踏ん張って次のダービーを勝って乗り切れれば、大きな成長が見えてくると思う。
自分達は自分達でしか乗り越えられない。
頑張ろう。

|

« ありがとう、相棒。 | トップページ | オーシ、北九州の地へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとう、相棒。 | トップページ | オーシ、北九州の地へ。 »