« 勝負の秋 | トップページ | 楽しみなインテルと、馬鹿げたルール »

2009年9月13日 (日)

自分達らしさを御す強さ

面白いサッカーの試合とはどんな試合か?
単純に考えた場合はゴールの多い試合と答える人が多いだろう。
ここに試合がダービーであること、アウェイであること、今季リーグ戦最後の対戦であること、自分がサポーターと自負していること、現場に参戦していること、etc...といった要素を重ねていったとき、どんな試合なら満足できるのか?
試合後、そんなことを考えた。
 
サッカーとはそもそも点の入らない競技である。
今日のように1点を守りきる試合、それもPKまで与えながら相手のキッカーが外してくれるというイベント付き、というのを面白いと感じられるようになるとサポーターとしては幅がつくと思うけどね。
こういう試合なら現場にいたかったなぁ。
こんな上から目線の感想も3つとも勝ったから言えるんだけどね。
 
あらためて試合を振り返ると、徳島らしさと愛媛らしさがお互いによく出ていた。
徳島は高い個人技術をベースにしたパスサッカーを駆使する。
愛媛は運動量とスピードを武器に、そして、これ以上ダービーで負けないという気持ちを押し出してきた。
この試合の徳島を見ていてさすがだなと思ったのは、上記のような愛媛の気持ちを前面に出したサッカーにガチンコで対せず、自分達らしさで試合をコントロールしようとしていたところだった。
結局のところ、愛媛は自分達らしさを押し出しながら、肝心のフィニッシュの場面で自分達らしさをコントロール仕切れなくてゴールに結びつけられず、徳島は自分達らしさをコントロールできていて、後半開始直後といういい時間帯にセットプレーから点を取れたしたたかな試合運びができたのが結果につながったのではないかと思う。
 
試合終盤は必死に守っていて、PKを与えてしまうなど確かに楽な試合ではなかったが、しっかりと両チームの差が出た試合だったのではないか。
 
ただ、ダービーは他の試合とは違うというように、逆の意味でいつまでもダービー3連勝に酔ってもいられない。
今季も残り少ない。
目標が見えにくくなっている現状だから次の試合に向けに早く切り替えていくことが大事だと思う。

|

« 勝負の秋 | トップページ | 楽しみなインテルと、馬鹿げたルール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝負の秋 | トップページ | 楽しみなインテルと、馬鹿げたルール »