« 刺激の連鎖 | トップページ | 横断幕に負けた。 »

2009年9月21日 (月)

天皇杯の季節

シルバーウィークって何?ってくらい馴染みのない連休。
変な名前付いてるから明日が結婚記念日だってこと忘れそうになってた。
いや、マジで。(忘れんなよ)
 
そういや、天皇杯やってたんですね。
えーと、セカンドは敗退ですか。
セカンドのことは正直よくわかんないんですが、JFLに昇格してくれたら当然応援にいくチームなので残念には思います。
大塚FCとはチーム基盤の強さが全然違うので安定して強さを発揮できない部分はあると思います。
FC刈谷の今季JFLでの成績(現時点)もチームの基盤の弱さも理由だろうと思います。
 
ニューウェーブ北九州も日本文理大に負けたようです。
北Q系のブログや板を見ると審判のレベルが話題なっているところもありました。
気の毒ですが、JFL以下のリーグでの審判は正直判定基準がバラバラです。
そういうもんだと思って戦わないとやっていけないですね。
Jリーグどころか、欧州CLでも審判のレベルの問題(サッカー弱小国の審判がたまたま準決勝とか主審をやると負けた側から叩かれ、脅迫することもある。)は発生するので、審判がそう判断したものはそうだと思った方がいいですね。
少なくとも私はそうしています。
どうしても酷ければ後で処分が出ますから、但しJリーグではですけど。
 
天皇杯ではこんな思い出があります。
ここでも過去に書いたと思いますが、2003年だったかな。天皇杯で東海大学と大塚FCが対戦して負けたときがありました。
徳島からは2、3人、それ以外は関東サポーターだけでした。
徳島から来たサポーターは敗戦に落ち込んでいたようですが、私たちは意外とサバサバしていました。
とゆうのも、天皇杯ってのは結構余計なケガを負うことも多いリスクのある大会でもあったので、来季のJ昇格を目指した大事なシーズンで余計なスケジュールを組むことは必ずしもプラスではないと感じていました。
試合後、今はアメリカ(イギリスに行く可能性もあるのか?)でプレーする原田とこんな会話をしたのを覚えています。
原田「すいません。大学生に負けちゃダメですよ。」
俺「まあ、そうなんだけど、今季は大事な目標があるんだから余計なスケジュール抱える必要もないよ。こんなこと俺たち(サポーター)が言うのも変だけど。」
その後、駅で谷池(現ソニー仙台)が彼女と電車待ちしているところに遭遇。
谷池「今日はすいませんでした。」
俺「いいよ、こんな日もあるよ。一晩寝て忘れてくれていいから。」
本心からそう思っていました。
「あらら、負けちゃった。ま、いいか。」
それが試合が終わったときの素直な感想でしたね。あのときだけはね。
 
確かにジャイアントキリングが起きる面白さはありますが、天皇杯の位置づけって少し考え直した方がより面白くなるとは思います。
アマのカテゴリーだけでトーナメント作って優勝チームを作るのもいいと思うんです。あくまで私案ですけど。

|

« 刺激の連鎖 | トップページ | 横断幕に負けた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刺激の連鎖 | トップページ | 横断幕に負けた。 »