« 栃木戦の感想 | トップページ | 若手芸人in日大学祭 »

2009年10月31日 (土)

サッカーのない週末の過ごし方は?

先週から今週にかけて仕事で非常にバタバタしていました。
実は昨日がピークだったのですが、いわゆる監査ってやつの担当になりまして、いろいろ準備に追われていたのです。
なんとか無事に終われたとホッとしたら急に疲れがでて、今日金曜日はあまり仕事にギアが入らずでした。
また来週から仕切りなおしです。
 
実は子供がインフルエンザに掛かり保育園を休んでいたこともあり、今週は家でもバタバタしていました。
私も奥さんも発症しなかったのが幸い。
でも、大人はあまり発症しないようですね。
会社でも家族(特に子供)が発症する人は多くいますが、本人が発症という知らせはほとんどありません。
でも、子供の発症は要注意。
ウチの子は夜中に39度近く発熱しました。
その前に風邪を引いていて、診察に病院に行ったのですが、そこでウイルスを貰った可能性が高いようです。
お子さんのいる方は迂闊に待合室で長時間子供を居させないようにした方がいいようです。
診察直前まで、車の中で待たせておくのがベストかも。
 
さて週末です。10月も終わり。
サッカーのない週末は何をしようやと考えたとき、映画を観るという選択肢があります。
最近気になっている映画は『SOUL RED 松田優作』と『ANVIL!~夢を諦めきれない男たち~』の2本でしょうか。
『SOUL~』は松田優作に関するドキュメンタリーです。
優作の息子2人が親父を語るというのも気になるポイントですが、私たちのような40歳台に男にとっては松田優作とはカッコよさの象徴のような人。
ドラマ探偵物語をやっていたのが中学に入るくらいだったはずで、友達と『野獣死すべし』って映画を観に行って感化されてしまい、教室で優作ごっこしたのを思い出します。
「リップバーンウインクルの話を知ってますか?」なんてセリフ読んだりね。懐かしい。
いまでも憧れの存在のまま。我が家の優作さんはこのブログに1、2回載せたことがあります。
気がつくと自分は優作さんより長生きているんですね。40で亡くなったから。
 
『ANVIL~』はカナダのヘヴィメタルバンド、アンヴィルのドキュメンタリー。
彼等も自分が中学生くらいのときのデビューだったのでは。
中味は過去一度も成功を得られないまま50歳を超えてもまだロックスターとしての成功に拘ってバイトをしながらバンドを続けるメンバーと、いつまで経っても夢を追い続ける男たちを、現実的な視線で見ながら、やらせておくしかないと割り切って見守る母親ら家族を追ったドキュメンタリー。
このいつまで経っても夢を諦めない彼等って、要するに子供のままってことなんだけど、そういう人間って知っているサポーターに多くて共感が沸くんですね。
もちろんヘヴィメタルマニアであった私は彼等がデビューしたときから知ってるってこともあるんだけど、どう見ても見た目はカッコよくないんだけど道を曲げないっていう姿勢がカッコよくてスキなんですね。メタルバカっていうのかな。
「身を屈すれども、道を屈せず」って言葉をある人から貰ったことがあるんだけど、まさにそれって感じ。
サポーターとしてもこの映画はオススメです。
 
映画以外だと、ちょうど今東京モーターショーをやってます。
これもいいかも。
大学生のとき、授業さぼって友達と3人で行ったっけ。
車よりコンパニオンの写真の方が多かったけど。
 
で、明日はハロウィン。
結局、ディズニーリゾートになりそう。

|

« 栃木戦の感想 | トップページ | 若手芸人in日大学祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栃木戦の感想 | トップページ | 若手芸人in日大学祭 »