« 勝てない時期の乗り越え方で勝ったと思いたい。 | トップページ | 1通のメールが届き...悪魔が目を覚ます。 »

2009年10月 8日 (木)

あと一歩足りないクセ?

巨大な台風が近づいてくる。
そんな状況の中の水曜日のナイター。
せっかく休みを取っても家で時間を潰すしかないのは残念である。
軽く昼寝をし、シャワーを浴び、昨日帰りが遅く洗わずだった髪も洗い、身をリフレッシュする。
今日は寒いので大塚FCジャージを纏って出掛けることにする。ある意味、自分の皮膚みたいなこれを着ると気持ちにスイッチが入ったようになって気分がいい。奥さんにもこればかり着ているとよく言われるが、単なるジャージ以上のこれを着られる季節になることはむしろ嬉しい季節だ。
 
大雨を想定し、いつもの旗は家に置いていった。雨では旗ですらなくなるからだ。声出しに集中して今日は臨むことにした。
 
平塚駅に着くと意外や雨は小降りだった。ちょっと拍子抜けだったが、いいコンディションで試合ができるのはいいことである。
最近の徳島のサッカーをするにはこの方がいい。
今日こそ3連勝か?
試合前のシュート練習もいい感じだ。
 
が、試合は双方の試合への入り方の違いで思わず早く動いた。
開始早々から積極的に仕掛ける湘南に対し、徳島ヴォルティスは何ともふわっとした入り方をしてしまい、バイタルエリアでフリーで持たせ、誰が奪いにいくのかがはっきりせず躊躇したスキにミドルシュートを決められてしまった。
痛恨の失点。
結果的にこの一点に泣かされてしまうのだが、実にもったいない試合だった。
 
試合の入り方がまずもったいなかった。
ここ最近のヴォルティスならしなくていい失点だった。
が、そこまでならまだいい。
その後が実にもったいない。
失点から切り替えきれないかのようにその後も勢いを生み出せず、なかなか前を向いて攻めだせない。前半は無駄に使ってしまったようだった。
後半は開始から支配して湘南陣内でサッカーをできた。
追いつける展開だった。
が、あと一歩強引さというかゴールに押し込むという気迫が足りないように見えた。
GKを慌てさせるシュートをなかなか放てない。羽地が早めにファビオに代わったのはそのせいに見える。羽地自身はよく走りボールに絡んでいただけに、そう見える交代だった。
そして六車が退場した後もチャンスは作るヴォルティス。
が、最後まであと一歩が足りない、出ない。
ハーフタイムに監督は戦っていないと怒ったそうだ。後半は戦っていたように見えたが、相手を凌駕するほど戦えていなかったように思う。
 
Hi3d0083 もったいない。
ちょっとした心のスキで失点し、あと一歩力強さが出せなくてゴールを奪えない試合。
3連勝はまたもおあずけ。
でも今日は3連勝できない理由が見えた気もする。
あと一歩足りない“クセ”?
6位が目標として今見据えているモノではある。
が、今後6位“以内”を目標にするならあと一歩を自分達で出さないと目標達成は難しい。

最後に台風が近づくなか平塚にやってきた徳島からの仲間たちへ。気をつけて帰ってください。

|

« 勝てない時期の乗り越え方で勝ったと思いたい。 | トップページ | 1通のメールが届き...悪魔が目を覚ます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝てない時期の乗り越え方で勝ったと思いたい。 | トップページ | 1通のメールが届き...悪魔が目を覚ます。 »