« 9年周期でやってくる...AC/DC来日! | トップページ | 全社で知るトホホなサッカー文化レベル »

2009年10月17日 (土)

繰り返し試されて強くなる。

天皇杯での敗戦を経て、プライドが試される試合であった。
挫折と復活。
欧州の強豪クラブであっても、日本の地域リーグのクラブであっても、この果てしない輪廻の中にいる。
そして期待と失望。
サポーターは自分達のクラブとの関わりの中、この2つの渦の中を行ったり来たり。
そのなかで我々も永遠に試され続けるのである。
 
結果は3-0。何より相手に打たせたシュートは1本のみだった。
この試合に昇格の最後の可能性を賭けていたコンサドーレ札幌にまさに”完勝”したという結果。
これが天皇杯で失望を与えたサポーターへの贖罪ならば、これ以上のことを望めようか。
セーフティリードを得ながら走り続け、足が攣るまで頑張った選手達はサポーターに気持ちを見せてくれた。
勝利もそうだが、それ以上に価値のあるものを見せてもらった。
我々はそれをちゃんと受けとめてあげよう。この試合にプライドを試された選手達は証明してみせた。それをどう受け止めるか?今度はサポーターが試されるのだ。そうやってクラブというコミュニティは強くなり、大きくなっていく。繰り返される”愚”の上に実は成長も繰り返されている。それに気づいたとき、それが新しい自分達のベースになるのである。 
 
次節セレッソ戦は柿谷が契約の関係で出場できない。
それゆえの徳重ベンチスタート→倉貫と交代だと思う。
6位確保への最大の壁に挑むことになると思う。
今日の心意気を見せてくれた選手と、今日の心意気を受け止めたサポーターが一つになって長居にて勝ちを持ち帰ってきてくれると信じている。

 
気になったことがある。
ミスではないが、先制点でのドンスプと相手GKとの交錯は非常に危険なシーンだった。
まるでスタン・ハンセンのウェスタンラリアットを彷彿させるような危険な角度の落ち方。
一瞬のプレーで偶然もあったと思うが、高原の腕が横から振られているように見えたし、ああいう危険なシーンとなってしまったことについて検証はしないといけないだろう。
選手生命どころか、人間としての生命にも係わりかねない場面。
ドンスプは鼻骨を骨折した可能性があるが、落ち方も危険だったのでよく検査して欲しい。
そして無事に復帰して欲しいと思う。
 
偶然とは思うが、VORTIS系ブログでAC/DCについて同時期に書いている人がいて驚いた。
スタジアムのBGMとしてAC/DCが最適かは人の好みもあるので難しいが、そろそろボンジョヴィは変えてもいいかなと思った。
徳島系のアーティストを使うってのは一つの選択としてありとは思う。
アンジェラアキとかも悪くないとは思う。何もロックである必要はないしね。

|

« 9年周期でやってくる...AC/DC来日! | トップページ | 全社で知るトホホなサッカー文化レベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9年周期でやってくる...AC/DC来日! | トップページ | 全社で知るトホホなサッカー文化レベル »