« ラッキー・ハロウィン | トップページ | あと一歩足りないクセ? »

2009年10月 5日 (月)

勝てない時期の乗り越え方で勝ったと思いたい。

家族の都合とはいえ、茨城での水戸戦は結構参戦していたので行かなかったのはいつ以来だろうか?
でも思い返すと参戦した試合では一度も勝ったことなかったかも。
J2昇格直後のアウェイ戦で笠松で勝ったと思うけど、それも参戦していないし、もしかして行かない方が勝つのか?
それならそれでもいいけど。
 
さて、今回の水戸戦。
テレビでパッとスタジアムが映ったとき、まだら模様のピッチが飛び込んできた。
雨が降っていた後とはいえあれほどの整備の行き届いていない荒れたピッチはあまり見かけない。
何度も笠松には行ったはずだけどあんなに酷かっただろうか?
グラウンダーのパスでボールが歪な弾み方をしていたので見た目通りに荒れていたのは明らかだった。
そのせいだけではないだろうが、前半の徳島ヴォルティスはパスが荒れて苦しんでいたように見えた。
対して水戸は慣れているせいもあるだろうが、運動量と動き出しもよく、いつ得点できてもおかしくない出来に見えた。
危険な縦パスが幾度も通る。
このままではいつもと同じようにやられる。
そう思ってもおかしくない状況。
 
だが、水戸のゴールが決まらないまま終えた前半。
ロッカールームに引き上げる両チームの選手の表情をテレビカメラが捉える。
水戸の荒田(?)がうつむき気味に悔しそうな表情を浮かべていた。
何か余裕のない表情。
攻めの形が作れない前半であったが、表情にストレスがないヴォルティスの選手達とは対象的であった。
そして後半。
軽いプレーが決定的なミスになり、ヴォルティスが先制する。
そして水戸の軽いプレーから2点目を。
そしてコーナーキックで競ることもできないまま3点目。
試合は決した。
”情けなくて涙が出た”
試合後の吉原のインタビューで出た言葉である。
受け入れがたいミスが自分達で試合を壊したことへの怒りと悲しみがごちゃまぜになったようだ。
水戸側から見れば自分達は自滅したと思うのだろう。
それは間違いではない。
 
が、それは理由のうちの半分でしかないと思っている。
ヴォルティスの選手は自分達の形ができないながらも、耐え続けることを平常心でできていたのだろう。
それが相手のミスを逃さずモノにし、3-0で勝った理由だと思う。
ヴォルティスだって8月中旬から1ヶ月勝ち星がなかったのだ。
だが、前述の吉原のようなコメントは誰もしていないはずだ。
苦しい状況でも自分達を保てていたからこそ、ここ5試合での4勝1分けと勢いをつかめている。
それに、六車と登尾は完全に一皮向けてチームの主軸となってきている。
 
水戸が苦しんでいるものが何なのかはわからない。
しかし、苦しい時期をどうやってこれたのかの差が結果を決めた理由の半分ではなかろうか?
その点で徳島ヴォルティスは強かったし、強くなったのだ。
 
 
水戸は水戸市立競技場を改修中であり、もしかしたら笠松で試合をするのは今回が最後かもしれない。
その前に笠松で勝っておけたことも嬉しい。

|

« ラッキー・ハロウィン | トップページ | あと一歩足りないクセ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラッキー・ハロウィン | トップページ | あと一歩足りないクセ? »