« 堕落を招くラッキーな朝 | トップページ | 「SOUL RED 松田優作」を観た感想 »

2009年11月 6日 (金)

20年前の今日

チャラッ♪チャラッ♪チャラッ♪
 
Tanteisan 俺の名前は工藤俊作。
探偵なんてケチな稼業をやってるケチな男さ。
11月6日、金曜、今日も客は来ず...って思ってたら久々の客だ。
ところがおかしな客なのさ。

 
「20年前の今日、あんたは死んだんだ。」
 
オイオイ、20年も前に死んでたら俺は誰なんだっての?
まったく、まいっちゃうよ。
で、それを言いにきたのかい?

 
「映画があるんだが、観に行かないか?」
 
やっぱりおかしなヤツだ。
初対面の俺に映画を観に行かないかだと。
こういっちゃなんだが俺は映画にはうるさいんだぜ。
なんて映画だい。
”SOUL RED”?
知らないなあ。
悪いけど帰ってくれないか。
え、マツダユウサク?
俺はそんな名前じゃない。
頼むから帰ってくれ。
やれやれ、探偵稼業はつらいよ。
変な客が多くてさ。
フィリップ・マーロウみたくカッコよくはいかねえなあ。
日本のハードボイルドの夜明けは、いつくるんでしょうかね。
なさけなさに涙が出てくる次回「探偵エレジー」。
え、違うって?

 
チャララ、チャラ、チャララ~~~~♪
 
 
1989年11月6日、松田優作永眠。
合掌。

|

« 堕落を招くラッキーな朝 | トップページ | 「SOUL RED 松田優作」を観た感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堕落を招くラッキーな朝 | トップページ | 「SOUL RED 松田優作」を観た感想 »