« 買いたくなる季節 | トップページ | 巧さに寄りかかりすぎなのか? »

2009年11月22日 (日)

ロックが信じるべき強さ。ガイナーレが知るべき弱さ。

今日、宮崎に小林で起きたことはなんだったのだろう。
いろいろなことが考えられるゲームだったと思う。
まずガイナーレから。
残り5分の時点で2点リード。Jリーグで戦いたいなら守りきれないといけないリード。
それを守りきれず5分で2失点し、レギュラーのCBを一人大事な最終戦の前に退場で失うという拙い試合運び。
それ以前に試合を通して見ても、正直言って感心するようなサッカーではなかった。
もっともそれ以上に痛感させられたのは4位という条件を準会員チームがクリアするのにここまで苦労しているようでは...という感想。
...の部分にはいろいろな言葉が入ってくるが言葉に仕切れない。
すべてひっくるめて一言いってあげられるならこうなる。
「もうやめたら!?」
ガイナーレが痛々しくみえた。
いや、JFLが痛々しくみえた。
 
ロックは勇敢だったと思う。
確かにボールを持たれた部分はあったが、決して守り続けていたわけではなく互角に攻め合っていた。
ガイナーレの先制点まではむしろ先制点はロックだと思っていたくらいだ。
つまり十分勝てる試合だったわけだ。
その分、失点シーンの守備は残念だった。
1点目はコーナー。ファーサイドへの注意が欠けてしまいフリーで合わせられた。
2点目のミドルシュートは確かにミートされたシュートだったが、キーパーのセービングミスもあっただろう。
3点目はドリブルする選手にもっと厳しくいくべきだった。
できた守備のはず。
だから勝ち点1で喜んではいけない試合。
勝てた試合だった。
もっと自分達を信じろ。君たちは強い。守備力だけが売りのチームではないぞ。
君たちがJFLを救え。
 
JFLは明日ニューウェーブが試合を残しているが、来週末で最終節だ。
だが、まだまだドラマがありそうだ。
でもそれが4位争いだなんて正直ガッカリだ。
こんなことだったら準会員チームなんてJFLに要らない。

|

« 買いたくなる季節 | トップページ | 巧さに寄りかかりすぎなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買いたくなる季節 | トップページ | 巧さに寄りかかりすぎなのか? »