« 反撃の人間ドック | トップページ | JFLでのみできるスリルな経験 »

2009年11月15日 (日)

エスパルスの応援スタイル

昨日は午前中に娘を習い事に連れていった。
悪天候、特に風がすごくて娘の傘が飛ばされそうになって娘は怖がっていた。
風が強くて雲の流れも早くて雨が止んだり降ったり、晴れたり曇ったりを繰り返す。
こういう時ってその流れを読むのは難しい。
 
午後はテレビで天皇杯を観た。
鳥取での清水エスパルス対ヴァンフォーレ甲府。
ん!?と気づいた。
清水側の横断幕がみんな逆さまに張ってあるのである。
実は先週の清水エスパルスの試合は生で観ている。
実家の近くのチームとの試合だったからだ。
結果はお知らせするまでもないであろう。
清水サポーターは試合後、大ブーイングであった。
そういう状況からすると、この試合にエスパルスの選手たちがサポーターから要求されるものは明らかだった。
それが横断幕の張り方に表現されていると思った。
そういうことを大塚FC時代に実際に関東隊はしている。
 
テレビ放送ではこのことに触れないだろうなと思いながら観ていた。
解説が山野さんであったから、なおさらそう思っていた。
するとピッチリポーターから報告が入る。
横断幕が逆さまなのは悪い流れを逆さまにする意味でそうしているんだそうだ。
なるほど、そういう使い方もあるのか。
でもゴール裏には、よく覚えてないけど”戦う者だけを認める”みたいなことが書いたメッセージが張ってあったけど。
まあ、それは清水さんの事情ですから。
清水系ブログでもあまり触れてないね。
 
それでも清水側のサポーターは多かった。
甲府側がびっくりするくらい少なかったのも驚いたけど。
あれくらいサポーターがアウェイに行く理由。
永くこの稼業やってるけど未だにはっきりわからない。
理由はいろいろあるんだろうこともあるけど。
でも、清水の応援って楽しそうだなっていつも思う。
あの清水スタイルを考えて定着させた人達って凄いなあと思う。
一つの文化に近いレベルまで昇華しようとしてるよね。
この間の久しぶりに一緒に試合を観たウチの娘が清水の応援いつのまにか覚えちゃってた。
こういうとこに何かを感じるなあ。
 
あ、今日は娘の6歳の誕生日。
6年前の明日は大塚FCがJFL初制覇を成し遂げた日ですよ。みなさん、覚えてますか?
早いなあ、時が過ぎるの。

|

« 反撃の人間ドック | トップページ | JFLでのみできるスリルな経験 »

コメント

先日の大分vs清水の試合で、清水の応援を久し振りに見ましたが、
私も清水の応援っていいなぁと思います。
時は流れて、新しいテイストも加えられていましたが、ベースは変わっていません。

ノリがいいし、歌いたくなる応援ですよね。
あのスタイルを根付かせた人達は本当に凄いなぁと思います。


話は変わりますが、今日、本城にて、北九州vs琉球の試合を観戦しました。
オーシ2発、フジ2発で北九州の勝利。

まあ、昇格は最後の最後まで判らないと思いますが…。

投稿: 大橋 | 2009年11月15日 (日) 16時56分

応援スタイルは色々あっていいと思いますが、やっぱり楽しいと人は集まりますよね。
楽しさもいろいろあると思いますが、Jリーグ初期の今見ると恥ずかしいような面白さがありますが、それを何の恥じらいもなく楽しんでいた自分を思い出します。
自分で衣装作ったりしました。

投稿: AWAN渦帝 | 2009年11月15日 (日) 23時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« 反撃の人間ドック | トップページ | JFLでのみできるスリルな経験 »