« JFLでのみできるスリルな経験 | トップページ | 買いたくなる季節 »

2009年11月18日 (水)

共に過ごした時間、残された時間...去りゆく選手達

まるは氏から届いた2つのメール。
一つは片岡と高桑の引退。
そしてもう一つは石田と林の契約満了。
もう発表されるのかという驚きと同時に毎年感じるようにこの世界の厳しさを感じる。
 
片岡功二。
JFLの大塚FC時代から苦しいとき、栄光のときを一緒に戦ってきた最後の選手。
彼がデビューした年から見続けてきました。
ちっこいけどスピードと技術に優れた選手。
彼は本当に大塚FCを支えてくれました。
コンサドーレやフロンターレなど準会員チームに大量に選手が流れ、シーズン中にけが人も大量に出てベンチ枠に選手が足りなくなる時代がありました。
片岡はMFではなくワントップのFWとしても出場しチームを支えました。 
HONDAとのアウェイ戦で一人でドリブルでHONDA守備陣を切り裂き2ゴールをあげた試合。
なんと頼もしい男に見えたことでしょう。
JFLで圧倒的な戦力だった横浜FCとの三ツ沢でのアウェイ戦。
左サイドを敵のDFと競り合いながら突っ走り、そしてゴール前に低くて速い最高のクロスを入れて島田のゴールをアシスト。
横浜FCを凍らせたあのクロス。
私が見た中で最高のクロスの一つ。 
あるトラブルに怒り心頭だった私が抗議行動に出て自ら配水の陣にした仙スタのソニー戦。
2度も追いつかれた試合で試合終了間近に決勝ゴールを決めて私を救ってくれたのも功二。
ありがとう、功二。
大塚FC時代にJクラブからスカウトだってあったんじゃないかな。
最後まで大塚FCに、ヴォルティスにいてくれてありがとう。
どうせJリーグでプレーするんだったらもっと早く君をJの舞台でプレーさせたかったね。
そうすれば、君がどんなに素晴らしいアタッカーだったかを日本中が納得したと思うのに。
でも、そんなことは小さいことかもね。
私たちは一緒に戦ってきた。
その時間の価値は変わらない。
これからも新しい人生頑張れ。
 
高桑選手。
リーグ戦に出る機会がなかったけど、私たちが見ていないところでチームを成長させてくれたと思います。
ありがとうございました。
 
石田選手。
どういう経緯で契約が更新されなかったのかは詮索してもしょうがない。
もっと試合に出たいという気持ちは多分あったと思う。
DFをやったりしていろいろチームの苦境を支えてくれてありがとう。
正直にいうと、もっと結果を出して欲しかったという気持ちもある。
だからチームが契約を更新しないという決断をすることにも違和感はない。
でも君がもっとやれる選手だということも信じている。今のヴォルティスの攻撃の形が君のようなタイプと噛み合わないのかもしれないと以前から少し感じてたのも事実。
これをステップアップにしてほしい。
なんとなくだけど、来季は君が北Qのユニを着て鳴門に戻ってきそうな気がするんだけど。
 
林選手。
君ももっとやって欲しかった。
本当に期待してたんだ、去年の初めは。
まだ燃え尽きてないのなら、プレーを続けて、そしてひとはな咲かせて欲しい。
 
みんな、ありがとう。
でもまだ今季は残ってる。
ヴォルティスの選手として試合に出られるチャンスがある間はまだ今季の目標達成のために戦って欲しい。
一緒に戦って欲しい。
一緒に戦わせて欲しい。
それが君たちへの最後の願い。

|

« JFLでのみできるスリルな経験 | トップページ | 買いたくなる季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JFLでのみできるスリルな経験 | トップページ | 買いたくなる季節 »