« もう一人のコウジ、もう一人のミスターヴォルティス。 | トップページ | ポジション別に今季と来季を考えましょう。~GK・DF編~ »

2009年12月 6日 (日)

今季終了、そして来季への課題。

今季が終わり、結局9位でのフィニッシュとなった。
長良川には大勢の徳島サポーターも駆けつけたが残念な試合で終わることになった。
最後は6試合勝利なし、目標6位には到達せず。
総入れ替えになったチームを昨年までのチームと比較するのはムリがあるが、今年はかなり実力のあるメンバーが揃ったわけで途中柿谷らを加入させるなど陣容は良かったのだから納得はできない結末である。
 
岐阜戦をじっくりとビデオで観て、時々巻き戻して気になる点を探ってみて気づいたこと。
まず、ボールの失い方が悪い、というかもったいない。
ムリに前にボールを通そうとして誰もいないところ、または相手しかいないところに出しているシーンが多かった。
当然そこで攻撃の流れは切れる。
個人技の高い選手が多いのに、プレー判断に雑なことが気になった。
簡単にボールを失うケースが多いと、せっかくの技術の高い中盤が活かせない。
しかもヴォルティスの中盤は攻撃は巧くても、守備、特にボール奪取は不得意である。
攻撃の不調は、中盤とバックの守備負担増ではなく、ほとんどバックラインの守備の負担増に跳ね返ってくる構造になっているように思える。
 
もちろん、出し手ばかりのせいではない。
受け手、またはフォローに回るべき選手の動きの質もよくない。
受ける側との距離が遠い。
また、足許に貰いすぎる傾向も強いのに、そこへ素早く誰かがフォローに行けばいいのだが、それがあまりないんで結局大きく戻すことになる。
つまりクサビの意味をなしてないのだ。
だからテンポがよくない。
余計な時間が掛かっている。
その間に相手は戻っていてスペースが埋められている。
  
クサビから繋いでディフェンスの裏を狙おうとする動きがあっても、いつも活かせないでいる。
そのうち、裏を狙ってもボールはこないと考える構造が選手間にできあがる。
それは相手もそう思うだろう。
これでは相手も楽だ。ストレスはないから。
 
前半先制はしたものの、前半も終始危険な空気はしていた。
逃げ切れる匂いはしなかったし、ドンちゃんのヘッドも体制が悪く外れるのもしょうがない。
最終戦で結果だけは出せればよかったが、問題点の改善のきざしは見えなかったからこうなるのもやむを得なかったかな。
 
これで今季は終わりだ。
ここからはフロントの仕事。
点の取れるFWも欲しいが、それ以上に攻守に運動量を惜しまない中盤のダイナモタイプの選手を是が非でも獲得して欲しい。
今のままでは中盤のレギュラー4人が残っても上記の課題は解決しない。
外国人でもいい。
こういうタイプが中盤を引っ張ってくれたら、周りもテンポを上げざるを得なくなる。
そうすれば相手のDFの人数や陣形が揃う前に前線にボールが出るし、そうするとFWがフリーでシュートできるチャンスも増える。
そうすれば得点も増える、勝利も増えるというわけだ。
となればいいけど。
 
それに来季は試合数が大幅に減る。
今季と条件が大幅に変わる。
戦い方も変わる。
むしろ普通に近くなるのだ。
ベテランが多いからアドバンテージになるかも。
いや、なると信じよう。
 
さて、今季は終わりました。
今季は土台作りとは思いたくないし言われたくないけど、来季は確実に上積みするという意味にとることにしとこう。
 
余談。
この時期になると見る機会が増えるブラジルの移籍情報ネタを教えてくれるここで元ヴォルティスのアンドレの情報を見つけました。
サンジョゼECというクラブにいるようです。
元仙台のシルビーニョが日本に売り込みを掛けてるらしく、彼が退団したあとの後釜に考えられてる様子。
元気そうだね。それがなにより。

|

« もう一人のコウジ、もう一人のミスターヴォルティス。 | トップページ | ポジション別に今季と来季を考えましょう。~GK・DF編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう一人のコウジ、もう一人のミスターヴォルティス。 | トップページ | ポジション別に今季と来季を考えましょう。~GK・DF編~ »