« 執念と運、栄光と挫折の氷 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2009年12月31日 (木)

2009年総括

あと1時間と少しで2009年が終わろうとしています。
今回は今年最後の記事なので総括をしたいと思います。
 
まずチームが大きく変わったことがあげられるでしょう。
今年はオフシーズンの補強で実力派のベテランを大勢加えることができ、ほぼ満点にちかい近い体制で新シーズンのスタートをきることができました。
各ポジションに核となる選手が据えられたことでチームが飛躍的に安定感を増し、つまらない失点が激減したことで90分間戦えるチームとなりました。
今年のチームは、一言でいえばサッカーをよく知っているチームだったなと思います。
その核になっていたのは三木、徳重、倉貫らでした。
そして、シーズン後半戦にはその成熟度の高いサッカーの中で揉まれた選手達から一皮剥けた選手が出たのも大きな収穫でした。
登尾、六車が不可欠な選手へと成長してくれたことは来季、それ以降を見据えても大きな成果だったと思います。
但し、相手に勢いを与えてしまうと流れを掴み返せない弱さを見せたことも事実で、特にパワー、スピードでの勝負では分が悪いという弱点がありました。
スピードに長けた選手もいたので、スピード相手でも戦えるはずでしたが、スピード戦の武器と想定されていた麦田が絡んでこれなかったことで戦い方の幅が広がらず、その影響は特に終盤戦に効いてきたように思います。
また精度の高いサッカーはいました分、意外性という面があまり感じられず、これも特に終盤戦になって影響が出ました。
来季は力勝負でもっと戦えるようになることが課題の一つでしょう。
 
次にフロントの体制が変わったことが大きいと思います。
今季から新田さんが新社長として就任しました。
前年まで3年連続最下位であったこともあり、前任社長とサポーターとの関係は修復が困難な状況になっていました。
新田社長が就任したことで、会社として運営方法が劇的に変わったことはなかったと思いますが、彼の人柄もあって悪い雰囲気をシーズン初期からリセットできました。
今の徳島ヴォルティスはまだファン・サポーターとのコミュニティがビッグクラブのように大きくないので纏め上げるのも比較的楽です。
新田社長がサポーターに積極的に交流してくれたことで、いままでにない一体感を得られ、それがチームの成績に好影響を与えたことは事実だと思います。
私は個人的には新田社長が今季のMVPなのではないかと思います。
 
観客数は成績ほどに伸びてはいきませんでした。
J2では1試合平均で14位。4073人/試合でした。
それまでの3年連続最下位の影響もあったと思いますが、それでももう少し増えて欲しかったなというのも本音です。
ダービーでは大勢の観客を動員しましたが、そのダービーでも試合の趨勢が早々と決すると帰り始める観客がバックスタンドに目立つなど、残念な光景もありました。
ホームでもアウェイサポーターに数で上回られる試合も多く、ホームの圧倒的な雰囲気を作り出せない苦しい状況が続きました。
何故、地元に浸透が思うように進まないのか?その理由は?
来季はどう地元にヴォルティスを浸透させていくのか?何が必要なのか?
ただ試合に勝つ以上に大きな壁だと思いますが、J1昇格を目指すにはホームでのサポーターの圧倒的な後押しは不可欠です。
ホームゴール裏はコレオや、ゲーフラなどいろいろなアイデアで盛り上げてきました。
ですが、地道な活動とともに第3の要素として起爆剤になる何かが欲しいところです。
 
そして私。
今年は2年ぶりに徳島に行きました。
相手は栃木。
その試合をきっかけとして思わぬ再会、そして交流のスタートとなりました。
こういう出会いは今後も大事にしていきたいなあと思います。
こういう出会いやコミュニティを広げられるのは私にとって大きなチャンスだろうと思います。
今年は特に周りと合わせることは意識せずに好き勝手にやってきました。
それまでも比較的そんな感じだったのですが、今年、特に後半はあまりモノは言わず黙々応援してきたような気がします。
言う必要がなかったこともあります。
ただ、関東勢のサポーターは少しまとまりが欠けてきたのかなと感じるところもあります。
来年は試合にもっと早く来てもっとコミュニケーションを増やすよう努力しようかなと思います。
もちろん、感じたことはここでは書き続けます。
原稿を勢いで書いて、勢いでネットに載せている気はありません。
コメント欄は来年もオープン。これは絶対厳守としながら自分の感じたことを丁寧に伝えていきたいと思います。
まだまだ、自分は誰かに超えられているとは思っていませんから。
それではみなさん。
来年もよろしく。

追伸

今季観戦したゲームの中でのベストゲームは10月11日、西が丘サッカー場での天皇杯サッカー、ホンダロック対東京ヴェルディ戦。

勇敢に上位カテゴリに挑み、試合内容も支配したうえで見事金星を勝ち取った文句なしの試合。あれこそ関東隊魂と同じもの。

記事もあの試合について書いた「総統の10年分の涙」をあげます。

|

« 執念と運、栄光と挫折の氷 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 執念と運、栄光と挫折の氷 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »