« ホーム最終戦は甘くもあり、辛くもあり。 | トップページ | 今季終了、そして来季への課題。 »

2009年12月 3日 (木)

もう一人のコウジ、もう一人のミスターヴォルティス。

先日の試合でミスターヴォルティスという称号を与えられていた片岡功二選手が引退の挨拶をしました。
ミスターヴォルティスという称号。
あらためてその称号を考えてみたら、初代はセッキーこと関口隆男だよなあと思います。
じゃあ、功二は2代目?と考えてみたとき、ふとある男を思い出しました。
もう一人、ミスターヴォルティスの称号に相応しい男がいたじゃないかと。
その選手の名前は吉成浩司です。
 
吉成浩司さんは、1974年徳島県生まれ、徳島市立高校を経て筑波大、ガンバ大阪と所属したあと、1998年に大塚FCに移籍してきました。
MFとして活躍、ボランチ、そしてトップ下を務めました。
最も活躍したのは2003年。
トップ下のポジションをレギュラーで務め、キャプテンとしてもチームを牽引し、リーグ初優勝に導く活躍をしました。
それまでの年はボランチでプレーすることが多かったのですが、当時の大塚FCはトップ下に安定したタレントがなかなかおらず攻撃面で影響していました。
サポーターとして見ていても泣きどころであり、そのため優勝に届かないとも私は思っていました。
しかし、吉成選手をトップ下に起用したところ、これが大当たり!
いわゆるファンタジスタタイプではありませんが、運動量と闘志あふれるプレーで攻撃陣をリードし、点も取らせれば自らも点を取れるという才をいかんなく披露しました。
今で言うと、インテルのスナイデルが似ているタイプだと思います。
 
その2003年はチームをリーグ優勝に導き、彼自身もリーグ最優秀選手にも選ばれる最高のシーズンとなりました。
しかし、その年のオフに突然の引退、体育教師への転身という驚きの展開が待っていました。
彼自身は以前からそう決めていたのだと思いますが、私にとっては何も知らなかったのでとても驚いたし、挨拶もできないまま会えない存在になってしまいました。
 
チームを初のタイトルに導き、キャプテンとしてチームをまとめ、試合では攻撃のコンダクターとして勝利に貢献するというこれ以上ない貢献を果たしてくれた”ナリ”でした。
人柄もよくてサポーターにも愛され、話しかけるといつも明るい笑顔で会話をしてくれた”ナリ”でした。
彼はミスターヴォルティスと呼ばれるべき存在でした。
セッキーがまだ現役だったこと、そしてこれからミスターと呼ばれるときにチームを去ってしまったことで、彼をその称号で呼んであげることはできませんでした。
 
2003年11月16日、都田サッカー場。
優勝を決めた後、号泣していた”ナリ”。
顔をあげられないくらい泣いていました。
そして、その試合のとき私が用意していた手製の優勝カップ、プレミアシップのカップのデザインをした30センチ弱高の貯金箱を改造したもの、をサポーターに向けて泣きながら優勝を報告していました。
でも、そのトロフィーが既に壊れていて、?という表情をしたあと、壊れた部分を抑えながらアピールしなおした”ナリ”。
忘れられない光景で、今でも私の心に焼きついたままの最後のユニフォーム姿でした。
 
彼はたぶん恥ずかしがりやだったのではと今では思っています。
こんなことも覚えています。
彼が移籍してきて初めて関東圏のゲームとなった大宮サッカー場でのNTT関東戦。
たしか、まるは氏が彼の横断幕を作ってきて張ったと記憶していますが、試合前のアップ時にそれを見た”ナリ”は
「うわあ~~~、恥ずかしい。勘弁してくれ。」
と照れていた記憶があります。
サポーターに告げずに去っていったのもだからかなと...。
 
彼はミスターヴォルティスと呼ばれるべき存在でした。

もう一人のコウジ、もう一人のミスターヴォルティス。

今のヴォルティスサポーターでどれくらいの人が彼のことを覚えているかはわかりませんが、クラブの功労者として私は彼のことをサポーターの記憶に残してあげたいです。
 
今は小松島高校で教師をしているらしく、国体の少年男子サッカー県代表の監督を08、09年と務めているようです。
来年、私の住む千葉県では国体が開かれます。
もし、県代表監督を続けていれば、来年会えるかもと実は楽しみにしています。
彼には話したいこと、感謝したいことが一杯あるので。
 
もし彼に会うことがありましたら、こんなブログをやっている古い大塚サポがいることを教えてあげてください。
そして、彼を「ミスターヴォルティス」と呼んであげてください。
たぶん、困った顔をすると思いますが。

|

« ホーム最終戦は甘くもあり、辛くもあり。 | トップページ | 今季終了、そして来季への課題。 »

コメント

たまたま片岡の記事を見てておんなじような事を考えてました(笑)

でもわたくし的には

初代は笠原 健
二代目関口 隆男
三代目吉成 浩司
そして四代目が片岡な訳です


でもナリまではミスター大塚って言った方がいいんですかね?

そうですか、ナリは国体の監督ですか・・・

・・・断幕どこだっけかな(笑)


投稿: まるは | 2009年12月 3日 (木) 01時08分

ああ、そうだね。
健さんを忘れてた。
ミスターヴォルティスとミスター大塚FCの線引きは難しいなぁ。昔もヴォルティス徳島って呼んでたからなぁ。

投稿: AWAN渦帝 | 2009年12月 3日 (木) 07時45分

ついに功二も引退ですね、大塚FC時代の選手がいなくなるのは大変さみしいです。
ミスター大塚FCorヴォルティス…
あの時代を思い出すとみんながミスター大塚FC&ヴォルティスだったと思います。
監物、山口、大場、岡本、関口、吉成…
名前を挙げればキリがないほどですね
徳島での功二の最終戦は仕事で見に行けませんでした、今週土曜の最終戦、岐阜まで
見に行きたいと思います。

投稿: たかさん | 2009年12月 3日 (木) 19時13分

選手だけでなく、スタッフ、監督もいい人が多かったですよね。
エジーニョ、パオさん、小賀部長、河合部長...、懐かしいなあ。
細田君だけは時々会うんで懐かしくないけど。

投稿: AWAN渦帝 | 2009年12月 3日 (木) 22時16分

エジーニョがエイジーニョに見えた・・・
疲れてるんだ俺(笑)

たかさん>>長良川ではよろしく
わたくし夜行バス往復なんでヘロヘロだと思いますが・・・
名古屋いったら「山登り」もしないといけないし・・・

投稿: まるは | 2009年12月 3日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホーム最終戦は甘くもあり、辛くもあり。 | トップページ | 今季終了、そして来季への課題。 »