« ヴォルティス奉公 | トップページ | ただ悲しいだけ。 »

2010年1月17日 (日)

2010ヴォルティス、始動!

今日は新体制の発表会。
会場には入りきれないファンも多かったようですね。
配布されたメンバー一覧から背番号もわかりました。
1  GK 上野
2  DF 三木
3  DF 輪湖
4  DF 三田
5  DF 登尾
6  DF 米田
7  MF 徳重
8  MF 倉貫
10 MF 島田
11 FW 津田
13 MF 柿谷
14 MF 濱田
15 MF 青山
16 MF 挽地
17 DF 麦田
18 FW 羽地
19 FW 平繁
20 DF ペ・スンジン
21 GK オ・スンフン
22 DF 八田
23 GK 日野
24 MF 井上
25 DF 平島
26 DF 橋内
27 DF 安藤
28 FW 岡
29 MF 六車
30 DF 大原
31 FW 佐藤
32 GK 阿部
33 DF 石川
34 FW 大西
35 FW 菅原    計33人
 
おお、これで15センチはカバーできた。ノルマ達成。
それはおいといて、9番が空白になってますが、そこは私が去年から使ってます。
もちろん、ドンちゃんが残留すれば、また貸し出す用意はあります。
 
ポジション別に人数を見ると
GK 4人、DF 12人、MF 10人、FW 7人。
ちょっとダブつき気味に感じもするけど、ケガで離脱する人間がそこそこ出てもポテンシャルは保てそうですね。
補強のオーダーとしては感じるのは、サイドバックの専門職の補強として橋内、平島、輪湖の3人。
レフティーの選手ということで島田と輪湖。
個で打開できるFWということで津田、平繁。
J1で実績をあげたビッグネームはいませんが(島田もJ1ではないとします。)、力を認められた選手が獲得できたのでいい補強でしょう。
バランス度ではトップの補強だと思います。
 
各J2クラブの補強の印象としては以下の通り。
甲府はFWに充実した補強。
千葉は復帰組が実力者。
柏は昨年終盤の戦力がほぼ残留し、新ブラジル人がヤバそう。一番ヤバいのは監督。清水戦のようなサッカーされたら怖い。
鳥栖も結構いい補強に見える。
札幌はダニルソンと西の穴が埋まってないのでは
水戸は新戦力がどれだけ力を発揮できるか。結構やりそうで怖い。
栃木は船山、廣瀬が怖い。結構強くなるのでは。
草津は都倉の穴はちょっとやそっとで埋まらないと思う。
ヴェルディ、今年は補強どころではない。
横浜FCは結構いろんな人加えたけど未知数。
富山はJFL時代から戦力が入れ替わってくるのでコンビネーション熟成がポイントでは。
岐阜はOUTに対し、INが少なすぎ。
岡山は千明(流経大)が注目。
愛媛もOUT分がリカバーできてなさそう。
福岡は選手補強以上に重要な課題があると思うが。
熊本は南加入で守備はアップする。
北九州はまず力試しから。
 
去年も書きましたが可能な限り各クラブの練習試合結果を調べて書いていきたいなと思います。
今年は自分の旗もバージョンアップさせたいし、歌も一つアイデアがあるので参考までに出そうかなと。
いよいよ始まりですね。

|

« ヴォルティス奉公 | トップページ | ただ悲しいだけ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス奉公 | トップページ | ただ悲しいだけ。 »