« ドンちゃん再び | トップページ | 疲れたときは... »

2010年1月21日 (木)

レッズとのプレマッチをより楽しむ方法

昨日は併せて2月21日(日)にポカスタで浦和レッズとのプレシーズンマッチが行われることが発表になりました。
昨年流れてしまったカードだけに、1年待った感じです。
 
既に浦和レッズはJ最速で11日に始動、15日より宮崎にてキャンプを開始しています。
始動1ヵ月後で殆ど仕上がった状態で徳島にやってくるでしょうから、本番に近い力を発揮してくるでしょう。
そこに戦力の増したヴォルティスがどこまでやれるのか?
がっぷりと組んで押し切るくらいの気持ちで戦ってもいいと思います。
近年の浦和は個は充実してますが、組織的な戦い方がそれに比して成熟しているとは見えません。
去年も調子の波が大きくて期待された成績は残せておらず、攻守のキーマンだった闘莉王は今オフに退団。
去年までとはかなり違うレッズを構築しようとしているように思えます。
それが上手くいっていればメチャクチャ強いレッズが来ると思いますが、そうでなければヴォルティスが圧倒して勝てることも十分ありえます。
恐れずに試合開始から飛ばしていってほしいです。
 
そしてレッズといえばサポーター。
時期とか場所とか試合の位置づけとか考えると驚くほど大勢のサポーターが四国までやってくるかはわかりませんが、それでも過去最大のアウェイサポーターがアウェイゴール裏を真っ赤にするだろうと思います。
チケット完売まではどうかと思いますが、どうせなら地元の人に大勢来てもらいたいですよね。
地元でも優先チケット販売とかしたらいいと思うんですけど、で余った分(それでも十分残ると思うので)をレッズサポーターで取り合っていただいてスタジアムを満杯にしたいですよね。
浦和サポーターに来てもらえるのも嬉しいですが、あまり浦和比が高すぎるのもね。
地元の人が大勢来てもらえれば、ヴォルティスへの興味も沸くと思います。
レッズが来るから観にいくってポカスタに来て、地元のヴォルティスの戦いぶりに感動して「よし、ヴォルティスの応援をしよう」と思う人もいるでしょう。
地元の人が多ければ多いほど、そう思って新しいサポーターが誕生する確率が高まるわけです。
かくいう私も最初の入り口は同じ。
家の近くのスタジアムにマリノスが来て練習試合をすると知って、その練習試合を観にいき、その試合を観て相手である地元クラブの応援を始めることにしたのです。
もちろん、その試合でもマリノスサポーターを観たいという気持ちもありました。
彼等は一人一人歌を歌いながらバラバラとやってきて、試合前もずっと歌っていて、まるで歌で会話してるみたいで、面白い人達だというのが最初の印象でしたが。
話がそれましたが、やはり徳島の人にまず優先してチケットが発売されてほしいなと思います。
浦和サポが多すぎて、みんな埼玉の人だったら試合終わったら帰っちゃいますからね。
それじゃ、試合しただけで終わっちゃいますから。
 
上記のようにレッズ目当てで来たとしても、地元のチームに傾かせることは十分可能。
試合前とか積極的に応援に誘えば、シーズンが始まってもまた来てくれる可能性はかなり高いです。
今のヴォルティスのゴール裏は、いろんなタイプのグループが存在していますから、若い男連中や、ファミリー、高齢者、どんな人でも受け皿があります。
せっかく大勢人が来るんですから、このときこそゴール裏、グループ増強の最大のチャンスとして活かして欲しいです。
話しかけて、自分達の輪の中に入れて、面倒見てあげて、試合が終わったら連絡先を必ず聞いて、リーグ戦が始まったら「また来ない?」って誘って、もし応援にハマッテくれたら、彼の友達も誘ってもらう。
それを繰り返すと、ゴール裏も人が増えるって計算。
ムリに誘う必要まではないけどね。でもやってみたら応援の楽しさややりがいに目覚めてくれる人も大勢といると思う。
記念すべきサポーターデビューの試合でヴォルティスがレッズにいい試合をして、もしかして勝ったりしたら一生忘れられないと思うんだよね。
ただ試合観て帰るだけだったら、プレマッチなんて何も残らないと思う。
来てくれた人にとって意味のある日にしてあげることは今応援をやっている人にしかできないんじゃないかな。
 
もしかしたら、単なるプレマッチがシーズン終わったとき、この試合がキーだったねなんて試合になるかもしれない。
それもこれも自分達次第ってとこが対戦カード以上に楽しそうじゃない。

|

« ドンちゃん再び | トップページ | 疲れたときは... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドンちゃん再び | トップページ | 疲れたときは... »