« 銀座はおしゃれであり、粋でもあり.. | トップページ | 困ったことに捨てられないもの。 »

2010年2月28日 (日)

塚本選手に胸いっぱいのエールを。

大宮アルディージャのDF塚本泰史選手が右大腿骨の骨肉腫との診断を受けました。

骨肉腫とは骨にできる癌のこと。

そして治療には外科手術による腫瘍部分(大腿骨)の切除と、人口骨を埋め込む方法が最善であるとの診断を受けたとのことでした。これはサッカー選手生命を断たれることを指します。

骨肉腫というと私の従兄弟が30年近く前に発症した病気として、記憶に残っています。

いろいろ感じたところがあるのですが、文章にするのは適当ではないと思ったので、ただ一言、塚本選手に対し、勇気を持った素晴らしい決断をされた塚本選手に、治療が成功することを心よりお祈りしますとだけ述べさせていただきます。

|

« 銀座はおしゃれであり、粋でもあり.. | トップページ | 困ったことに捨てられないもの。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座はおしゃれであり、粋でもあり.. | トップページ | 困ったことに捨てられないもの。 »