« 練習試合情報(Vol.17 2月16日時点) | トップページ | 練習試合情報(Vol.18 2月17日時点) »

2010年2月17日 (水)

日本代表について

バンクーバー五輪が始まりました。
オリンピック大好きな日本人はテレビで日本代表達の活躍に興奮しているはず。
とゆうわけで、同じ時間に無残な試合をガラガラの国立競技場でしたサッカー日本代表は救われたのでしょうか?
岡田監督の解任論がようやくメディア上で沸きあがっていますが、私にしてみれば遅すぎです。
今さら解任してどうなるのでしょう、と思いません?
もはやそんな時期じゃありません。
辞めさせた場合のリスクが、辞めさせないでW杯で惨敗することの(かなり高い)リスクよりも大きいのか?
それももはや議論する時期じゃありません。
どのみち結果は同じになるでしょう。
つまりここに来て問題視して行動するよりは、腹を括って応援するか、諦めるかの二者しかないですね。
でもそれじゃメシのタネにできなくなるからメディアは今になって解任を叫んでいるように見えます。
 
それに鹿島の内田選手なんかは岡田監督を擁護してますし、他の選手からも岡田監督のサッカーに疑問を呈す発言も、そんな空気さえもないように感じます。
選手が岡田監督について行くと言っているのであれば、ここまで悪い状態ならば、むしろそれに乗っかって最後まで付き合う。
そういう覚悟こそ今必要なのではないでしょうか。
アジアの大会で、どこの国に負けたとか、大会で過去最低の成績だったとか、取り立てて騒ぐことですか。
だって想像できたでしょ。
だから腹を括ろう。
そして迷いなく、勝算のないと言われるW杯に挑もう。サッカー日本代表と共に。
と思うんですけど。
 
で、オリンピックの日本代表についても少し書こうかと思います。
日本代表と言われていますが、オリンピックに出ている選手達を見ていて、日本国のために戦っているよりは自分達の壁を最高の舞台で越えることを目指しているように見えます。
フィギュアの浅田選手にしても、安藤選手にしても、高橋選手にしても、スピードスケートの岡崎選手にしても、”日本国”というフレーズがコメントに出てくることは少ないように思えます。
むしろ”自分”というフレーズの方が多くないでしょうか。
某有名ブログで読んだ記事でもそのことに触れられていた部分がありました。
選手は最高の舞台で自分の最高の力を発揮したいというのが本音のようです。
 
それに比して、周囲は彼等に日本国のためというテーマを求めます。
競技連盟、メディア、そして国民です。
その競技に詳しい、コアなファンならば、その分野の世界での日本選手の位置を冷静に見ることができると思いますが、オリンピックのような巨大な大会はその競技事情をよく知らない人も大勢観ることになります。
その人達にとって、これは私もそうですが、その選手達と最も簡単に共有できるテーマが”日本”というテーマです。
選手達は自分の最高の力を発揮するためとか、自分を支えてくれた人達のためとか、パーソナルなテーマを持って挑んでいると思うのです。
そういう部分は民放テレビ局がドキュメンタリーとして放送したりします。ちょっとやり過ぎな場合もありますが。
でも、いくらそれらによって選手の背景が報じられても、やはり見ている側は殆どそういうテーマを共有して応援はできません。サッカーみたいに試合会場で大声出して共に戦っているという意識が強い競技は別ですが、他の競技は競技者と応援者の立場は明確に違います。選手と観客が試合時に共有できるものは少なく、そして強いものでもありません。
殆どの国民が日本国のためにと思いながら応援しているのではないでしょうか。
それは東京オリンピックが日本国にもたらした光の影響が非常に大きかったことが理由だと思うのです。
オリンピックは日本国民にとって、とても特別なイベントなのです。
ゆえに選手にはメダルを、日本の世界での優位をわかりやすくこれ以上なく自分達にも世界にも証明してくれるメダルを選手に求めるのではないでしょうか。
ならば、もっと競技スポーツに補助や支援をとか、もっと選手に気配りとかすべきであろうとも思いますが。ま、それはまた別の問題として。
 
ここまできたら、例のスノーボードハーフパイプの國母選手の件にも少しコメントしようと思います。
彼も日本国のためにオリンピックに出ているという意識はあまりないだろうと思います。
でも、その質の違いはあれ他の選手も上記のように自分や、支えてくれた周囲のために戦っているのが第一のテーマだと思うので、それを変だとは思いません。
思うに、彼はオリンピックが日本国民にとってどういう存在なのかというのを知る機会がなかっただけなのだと思います。
それはハーフパイプの競技の歴史が他の競技と比べて浅いことや、その分プロ競技としての戦場が非常にハイレベルであることも関係している気がします。
オリンピックという全て飲み込んでしまうような怪物のような大会で、一種のカルチャーショックのようなことが起きる。
観ている人が今までとは桁違いに多く、全く自分を知らない観客が自分に期待し要求してくる。
國母選手は今それを噛みしめてるんじゃないでしょうか。
それを踏まえて彼がどう考えているかはわかりませんが。
でも、逆にこれで結果を出しさえすれば一躍国民のヒーローになれると思いますし、そうなれば例の問題もどうこう言われなくなると思うので、彼の出場は明日ですが頑張って欲しいなと思います。
 
今回のバンクーバー五輪、私個人はフィギュアスケートに一番注目しています。
高橋大輔選手には金メダルを取って欲しいと思います。
そう、そういうもんです。
頑張れ!日本。

|

« 練習試合情報(Vol.17 2月16日時点) | トップページ | 練習試合情報(Vol.18 2月17日時点) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練習試合情報(Vol.17 2月16日時点) | トップページ | 練習試合情報(Vol.18 2月17日時点) »