« 練習試合情報(Vol.8 2月5日時点) | トップページ | 強い幹を作ろう。そして夢見た風景の先へ。 »

2010年2月 6日 (土)

初めての内視鏡検査

今日は健康の話です。まあ、みんないづれは通る道なので参考までにご一読を。
 
昨日は会社を休み、近くの病院で大腸内視鏡検査を受けました。
昨年受けた人間ドックで引っ掛かったからです。
大きな病院に行かないと受けられないのかと思っていたら、結構近場のいわゆる町のクリニックでも受けられるところがあるんですね。
これまでは内視鏡検査なんてしなきゃいけない歳じゃないと思っていました。
一昨年くらいから人間ドックでコレステロールとかがやばい数字を出し始め、少しダイエットというか食事改善に取り組んでいます。
お昼にサラダを必ず食べる。全体的に量を減らす。油分、塩分、糖分の摂取に気を遣う、などを心掛けたところ、昨年のドックの結果で体重は自分でも驚くくらい(最重時より7キロ減)落ちて9年ぶりの数値へ下がりました。
これで身体も9歳、とはいわないまでも少しは若返っただろうと思っていたら血圧だのなんだのとアラームが続出。
「それが歳を取るということ」と奥さんに言われてしまいました。
そしてその流れで大腸の内視鏡検査をするハメになったわけです。
 
大きな病院では予約に何ヶ月待ちというところもありますが、町のクリニックだと意外と近い日に予約ができます。
内容は大腸の中を見るだけと、ポリープがあった場合に切除(その場で切除できるレベルのものに限る)をお願いするかに一般的に分かれます。
私の場合、検査事前に提出する同意書で選択することになっていて、切除をお願いしました。
しかし、切除をお願いし、実際に切除したりすると料金が変わることが多いです。
ですから手持ちで最低でも2万円は用意が必要です。
前日から食事メニューに制限があり、朝はトースト、昼は薬味なしのうどん(そばはダメ)。夜はおかゆとなりました。
そして就寝前に下剤を飲んで朝出してから病院へ。
以下は今日の私のドキュメントです。
 
8時半に病院に着いた私は専用の待合室へ。
まずやるのは腸の中を完全にキレイするために再び下剤を飲むこと。
2リットルの下剤(薬を水に溶いたもの)を1時間で飲み干すことになりました。
これが結構辛かった。
途中で4~5回トイレに行きましたが、気分も悪くなりついにはリバース。
そういう人はめずらしくないようで、特に初めての人にはいるようです。
それでも何とか腸内がキレイになったことで検査へ。11時半くらいでした。
リバースしたので水分補給にと点滴をしながら検査をしました。
まず、専用の検査服。紙でできている特製のものに着替えます。
そして検査室へ入りシートに身体を真横に向けて寝ました。
次に医師が麻酔を打ちました。
「ピリッと来ますよ~」と言われながら、点滴の線に麻酔薬を注入。
透明の液体の後に、ゲル状のものをぐっと注入。
「あ、本当にピリッと来た。」と腕の感覚を感じた直後。
 
 
そこで記憶がなくなりました。
 
 
気が付くと、ベッドに仰向けで寝ていて看護士さんが毛布を掛けてくれていました。
「あれ、ここどこだ。検査はどうした?」アタマは麻酔の影響でぼーっとしていながら考えを廻らしました。
私の感覚から言えば、数行前のピリッと来た感覚の瞬間から5秒も経っていないはずでした。
しかし、寝ている姿勢は仰向けだし、寝ている部屋も検査室ではありませんでした。
すぐにここが検査室の隣の部屋であることに気づきました。
「一体今何時なんだ?」
その部屋に時計はなく、荷物(携帯やいつも持っている懐中時計)は待合室のコートの中です。
唯一時間の経過を知れるものは腕につながれた点滴のパックのみ。
検査直前につけた点滴は、気づいたら4分の1ほどしか残っていませんでした。
とゆうことは2時間近く経っているということです。
「とゆうことは検査は終わったのか?」
奥の部屋から病院の人達らしき会話の声が聞こえてきます。
身体も動かないので、天井を眺めながらさっきまでの時間を振り返ろうとしました。
麻酔を打った直後から本当に何も覚えていないのです。夢を見ていた感覚もありません。
まるで機械の電源が急に落ちたみたいに、ディスプレイの映像が急にブラックアウトしたみたいに。
寝ていたというより、機能が停止していたような感じ。
「もしかして死ぬとあんな感覚なのかな」と意識が戻ってきて考えを回していてそんなことを考えていました。
 
2時半ごろ点滴を外し、着替えて診察を受けることになりました。
直前にトイレにいき出すと、血らしきものが混じっていて「あ、何か取ったんだな。」と気づきました。
ということは検査はやったんだと。
 
診察の結果は特に問題なしでした。これはこれで大変嬉しいことです。後で家族も喜んでくれました。
初めて見る自分の身体の中(大腸の中)は我ながらキレイじゃんというのが感想。
一部軽い炎症の部位を検査のためサンプルに取ったそうで、後日検査結果を聞くことになりました。
これで料金は13,000円ほど。
まあ、何もなかったというのだからケチる話でもなく良かった良かったというところです。
 
ここを読んでくれている方の年齢層は把握していないのですが、40歳代の同士の方は同じような経験が遠からず待っていると思うので何かの参考にしてください。
健康は何より大事です。
そして健康を守るのって結構大変だなというのも実感した一日でした。

|

« 練習試合情報(Vol.8 2月5日時点) | トップページ | 強い幹を作ろう。そして夢見た風景の先へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練習試合情報(Vol.8 2月5日時点) | トップページ | 強い幹を作ろう。そして夢見た風景の先へ。 »