« ガンズアンドローゼス@NY)リッツ 88 | トップページ | 家電を買おう2 (・o・)/ »

2010年3月22日 (月)

絶賛!でも次です、次!

ジェフのサッカーとは...というテーマはよく試合中継で実況アナや解説者が判を押したように話題に出すテーマです。
”走るサッカー”
オシム監督時代にそう定義づけられたように思えますが、果たして今もそうなんでしょうか?
ここ数年降格争いの常連化し、昨年はとうとう最下位で降格。
本来のジェフサッカーができていないとか、○○ができていないとか語られ続ける中で低迷から抜け出せないまま今季はJ2で戦っています。
そしてJ2では昇格候補筆頭に扱われています。
古河時代からのその輝かしい歴史もあり、いまだ強い信頼あるブランドとしてサッカー界にこれほど強く力を放つ名前は、近年の実績からいうとちょっと違和感ありすぎなくらいです。
 
この試合、走っていたのはヴォルティスだった。見事なくらい走り続けていた。
それ以上に出足が素晴らしく、そこに上記の猛然とした走力が加わるので試合は終始ヴォルティスのものでした。
ボールを競り合い、こぼれ球を先に拾う。すぐ引っ掛かってまたこぼれてもまた次の選手が飛び出してきて拾う。
そしてギアがあがると一気に相手ゴールに迫る。
幾度となく繰り返されるこのパターン。
守備でというより攻撃で相手に効果的にプレッシャーを掛けていました。
監督はインタビューで謙遜していましたが、ジェフに何もさせなかったのは事実です。
後半、ミリガンのスローインからジェフに攻め込まれ1点くれてやるハメになりましたが、ネットを投入した時点で今日のジェフサッカーは負けていたと言ってもいいでしょう。
 
多分、強風も味方したでしょう。
多分、ピッチ状態も味方したと思います。
多分、ジェフは、ヴォルティスがジェフを研究してこの日に備えたのに比べ、ほとんど何もしてこなかったと言える準備だったと思います。
でもそれ以上にヴォルティスそのものが絶賛される出来だったと思います。
 
問題はこれからでしょう。
次節は首位決戦。こういうシチュエーションはクラブとして初です。
大塚FC時代はHONDA FCと幾度となく繰り返した首位決戦ですが、それは過ぎ去った時代の話です。
そしてこれからはこの日ヴォルティスがジェフを研究して備えた以上に、相手はヴォルティスを研究してくるはずです。
今ヴォルティスを実質牽引している津田へのプレッシャーはかなりキツくなるはずです。
毎回言っているような気がしますが、次が始まりです。
いや、今季はずっとそういう気持ちでいる必要があるでしょう。
 
ジェフサポーターにとっては気の毒な日でしたね。
ものすごい強風で飛行機が飛ばず徳島に行けなかった人もいただろうし、行けた人もこんな試合ではね。
言っちゃなんだけど、ミリガンは使えないね。
長いパスが来た時の対応が雑。
福元の方がいいと思うけど。
あ、これは最終節まで出会わないから言っておくけどね。

津田はブラジル代表だったエジウソンを彷彿させるね。
すごくいい選手なのは誰もが知っていることだけど、たしかにピクシーサッカーには向いてないかもね。
でもウチにはすごいありがたい選手。
でも、あまり阿波踊りは上手くならないでください。その方が微笑ましくていいです。

|

« ガンズアンドローゼス@NY)リッツ 88 | トップページ | 家電を買おう2 (・o・)/ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンズアンドローゼス@NY)リッツ 88 | トップページ | 家電を買おう2 (・o・)/ »