« 祝!卒園 | トップページ | J2クラブ、それぞれの再出発 »

2010年3月 7日 (日)

祝!開幕

ついに2010Jリーグが開幕した。
待ちに待った、歓喜と、嘆きと、怒りと、涙の日々が始まったのだ。
特に今年ほど期待感の高いシーズンはないだろう。
確かに歓喜が保証されているわけではないが、今季の陣容で今シーズンに挑むというだけでワクワクしてくるのは間違いない。
 
対戦相手のザスパ草津とはここ3年勝てていなかった。
確かに昨シーズンまでの草津は自分達のスタイルをキチンと持っていて強かった。
去年は得点力の高いストライカーがいて、その前の年はJ2屈指の司令塔を中盤に擁していた。
昇格が見える位置まで上昇していた時期もある。
そういう相手を開幕に迎えることをどう捉えるか。
 
私は草津が開幕の相手に決まったとき、いい相手が巡ってきたと思った。
ずっと勝てていない相手に相性がどうのこうのというより、今季のチームの力を示す相手として十分に説得力のある相手だと感じた。
今季のチームは本当に強いのか?という、どんなにチームが大型補強をしようとも、誰の心の片隅にも僅かながらあるはずの疑問に対し、説得力ある事実を裏打ちしてくれる相手だと感じたのである。
だから、いい相手が巡ってきたと思った。
故に勝たないといけない。それも内容を伴いつつ。今季のチームの強さを我々サポーターが強く確信してチームを支えていくために。
 
その大事な試合は、補強の目玉と言える島田がスタメンにも、ベンチにも名前がないという結構衝撃的な事実から始まった。
かつて草津をJ1の見える場所まで引き上げた島田がいない。
金曜発売のエルゴラの予想スタメンに島田がいないことは知っていたが、やっぱり何かあったようだ。
もっとも代わりといっては失礼だが、左サイドを務めるのは柿谷なのだから、特徴は違いこそすれ役者に不足はない。
むしろ、この機に柿谷は何かやってくれるのではと皆思ったんじゃないかな。
 
前半は最初こそお互いにボールが収まらず、落ち着かない展開だったが、16分くらいに柿谷がシュートを打ってから以降はヴォルティスのペースになっていった。
ボールを奪ってからのカウンターへの切り替えが早い。
2トップがしっかり前線に入ってくれるし、サイドバックも期待通りに速く攻めあがってくれる。
先制点は平島のクロスから柿谷のダイビングヘッド。
クロスも最高だったし、柿谷の動きも最高だった。
しかし、カウンターのスタートからフィニッシュまでの時間の短さもすごく良かった。
以前は時間が掛かりすぎることがよくあっただけに、チームが確実に向上していると見えた瞬間だった。
その注目の柿谷。
攻撃は前述どおり素晴らしい出来だったが、守備でもいい動きをしていた。
相手のリスタートに素早く対応して潰したプレーが得点直前にあったが、彼はかなりノッていた。
新戦力の津田、平繁もいい動きだった。津田の迫力あるドリブルからの左足のシュートが決まっていたら、その後は”祭り”になっていたのではないか。
柿谷、津田、平繁の3人は連携もそうだが、それ以前の感覚の面で波長が合っているのような躍動感のある攻撃をしていた。
もちろん、全体的も動きもすごくよかった。
攻撃は前述の通りだが、むしろ攻撃より守備が秀逸。
相手のサイドバックにも相手エリア付近からプレスにいってハマってる。
そのせいで草津はバックから満足なボールが出せない。それどころか失うから、セットプレー以外活路がない。
前半をシュート1本で終わらせる展開までは予想していなかった。
1点で終わったのはもったいない前半だった。
 
後半は課題も見えた時間だったと思う。
70分くらいまでは前半同様に守って攻めて決定機を作った。
しかし、2点目が決まらなかったことで以降運動量が落ちてくるとプレスが効かなくなり、引いて守らざるを得なくなった。
それでもよく守っていたが、段々と寄せる位置が低くなり、そしてPKを与えるスルーパスを引いてるのに通されることになった。
倒したのは三木だったと思うが、あそこでタックルに行く必要はなかったと思う。シュートまでいける位置や姿勢でもなかったしね。
ただ、タックルしてしまうほど余裕がない状況だったのかなと。あの三木がね。
あれは三木のせいじゃなくて、中盤より前がボールの出所をもっとケアしないといけない。
それから、サイドのいい位置でFKを与えすぎ。
背の高い選手が揃っている相手だったらやられた可能性が高い。
それも関係するが、日野がクロスの目測に誤って3回くらい触れずにいた。
緊張もあっただろうが、あれは次からはないようにして欲しい。
PKを止めてくれたのは倍以上のお返しだったけど。
 
終わってみると、とにかく勝ててよかったという気持ちが強い。
PKが決まって同点にされていたら、今シーズンを左右したかもしれない。
そこを凌ぎきったのも成長だと思える。
補強も成功したし、確実に強くなったと思うが、この試合ではさらに運も身に付けたのかな、今季は。

|

« 祝!卒園 | トップページ | J2クラブ、それぞれの再出発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝!卒園 | トップページ | J2クラブ、それぞれの再出発 »