« 目指すものは何? | トップページ | さあ運命のバルサ戦!一晩中祈っていたい。 »

2010年4月27日 (火)

意志

今回のことは残念な結果になったと思っています。
何が残念だったか。
思いの溝が露になったところで、その溝をどうお互いで努力して埋めていけるか、それと同時にお互いが本当にどう思っているのかを理解し合える機会になればいいなと思っていました。
だから、引きずらないことが大事と言ったんですけどね。
 
クラブがルールを破ったことに対し毅然と行動したことは当然でしょう。
むしろそういうことがなかなかできない、できても遅きに失するクラブの方が多いんじゃないかと思っているので、そのアティテュードはガツンときました。
皮肉じゃないですよ。本当にそう思ってるんです。
だってそれが徳島ヴォルティスのコミュニティをよくするために最善だと判断して意志をもって行動したのだから。
 
予想外だったのはその後のこと。
いろんな思いが交わる中で、タイミングもあったと思うけど、意外な方向に流れてしまった。
それが残念だった。
 
でもその決断自体は尊重してあげたい。
彼等は自分達で考え、決断し、行動したわけだから。
この世界に自分の意志で飛び込み、求めているものを得るために走り、そして去る決断をした。
そりゃ、いろいろ問題もあった。
でも彼等はまだ道を求めている途中で、いろいろなことを体験し、ぶつかり、挫折し、考え、そして彼等の世界が広がっていく途中だった。いろいろあったと思うが、まだ途中だったのさ。
私は彼等が遠い地まで来て、そして帰っていく姿を見ていた。
彼等は自分達の意志で走っていた。
最後までそうだったのだと思う。
 
批判はあっていい。
それがあるから、流れができる。変わる。それが普通。
ないままにいつまでも同じってのは怖いもんね。この世界に限らず。
そこで新しい意志をもった人にもでてきてほしい。
そうやって皆がいいと思う方向が見つかってくる。
 
残念なことだったけど、我々は前に進むしかない。
良き道を探していかなきゃいけない。意志をもって。
今、このときをこれからどう活かせるか。
コミュニケーションが大事。
それを閉じてはいけない。
 
私は徳島ヴォルティスのコミュニティをより良くしたい。
それはあの人もそう思っているだろうから。
今こそいてくれたらとも思うが、それは甘えだろう。
もっと頑張らなきゃ。

|

« 目指すものは何? | トップページ | さあ運命のバルサ戦!一晩中祈っていたい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目指すものは何? | トップページ | さあ運命のバルサ戦!一晩中祈っていたい。 »