« 最高だ。 | トップページ | 渦帝の一番長い夜 »

2010年5月23日 (日)

思い切ってやってみよう。そうすれば...。

さすがに眠い。
渦帝の一番長い夜を経た今日は眠いわ、子供は遊べというわ、遊ばないとスネるわ、それでも眠いわで...でも嬉しいことに変わりはなく。
まあ、いい。それは次の記事で書こう。
 
大敗した後の試合ということで、どう持ち直してこれるのかは、みんな気になります。
津田と平繁の2トップでのスタートは、初心に戻ることを意識しているのかなと最初思いました。
いづれにせよ、気持ちを切り替えて挑み直すしかない。
当たり前のことしか言えないけど、まずはそれでしょう。
 
柿谷は積極的に挑んでいるように見えました。表情もテレビで見てる限りよかった。
それでも最後のシュートだ!という場面で一度躊躇してしまうような場面も。
そこで打とうよ、ヨウイチロウ。
そこで打って欲しいのよ。
そこから始めよう。
外してもいいよ。
これは他の人も同じ。
もっとギアあげる場面増やそうよ、頭も身体も。
走る速度あげようよ。パススピードもあげようよ。
そうすることで戦う気持ちが盛り上がると思うんだ。
やってみようよ。
そこに何か見えてくるよ。
 
まだ光がよく見えないかもしれない。
でも、必ず見えてくるよ。
 
別のことで気になったことを一言。
ヴォルティスの選手は技術はあるんだが、試合になるとトラップなどボールコントロールに時間が掛かって、攻撃時にロスしている時間がある。
練習では巧くできる選手がいると監督は言うんだ。
でね、鳴門のピッチコンディションが少なからず影響していると思うんです。
練習スケジュールを見てみた後に考えたんだけど、試合前日に鳴門で練習できないもんかね。
直前のピッチ状態を知っておければ、ボールコントロールで試合のときにメリットになると思うんです。
結構ボコボコでしょう。ホームなんだからそれを知っておけないとホームでやる意味ないんじゃないかと。
どうでしょう、監督。どうでしょう、社長。

|

« 最高だ。 | トップページ | 渦帝の一番長い夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高だ。 | トップページ | 渦帝の一番長い夜 »