« 行け、行け!ドゥンビア! | トップページ | 10セコンド »

2010年6月 6日 (日)

希望と懸念

昨日は久しぶりにスカッとするスコアでした。
実は昨日は午後は娘の用事で出掛けていて試合はダイジェストで眠い目で見ただけ。
改めて内容を詳しく見てから記事を追加します。

で、数字的な部分だけ、気になった部分をとりあえずコメントします。

まず、FWそれもツートップにそれぞれゴールが上がったのはとても良かったと思います。
それ以前にここひと月ゴールどころか、チャンスにすら見放されていた感じがしていました。
確かにゴールが上がれば誰でもイイ的なとこはありましたが、やはりFWが上げるとチームもサポーターの士気も高まりますから。

シュート数は18本でしたっけ。
相手にもよりますが、打っていく意識が結果になったことは好材料ですね。

最後は懸念材料。
観客数は今季ワースト。
クラブは目指すスタジアム像について具体像を示していますが、それも観客が入ってこその話。
減っているってことは快適じゃない、なれないと思っているからじゃないかと思うのです。
安全はまず宣言する以前の話。
フロントだけじゃなく選手もそうだけど、事実を正しく分析して何を先にすべきか理解しないと、結局投資したもの、築いたものが無に帰すと思うけど。

|

« 行け、行け!ドゥンビア! | トップページ | 10セコンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行け、行け!ドゥンビア! | トップページ | 10セコンド »