« 授業参観に行って思うこと | トップページ | 日本の希望、イタリアの憂鬱 »

2010年6月19日 (土)

W杯、今夜はオランダ戦

昨日の夜はドイツ対セルビア戦を観ました。
セルビア代表にはインテルのデキこと、スタンコビッチがいます。
ドイツ代表にはチャンピオンズリーグ決勝で対戦したバイエルンの選手も多く、リマッチの様相を訴えるメディアもいました。
とはいえ、セルビア側はデキだけ。
どちらかといえばブラジル(マイコン、ルッシオ、セーザル)とリマッチと言って欲しいとこですが。
 
試合は予想していた以上のセルビアとドイツのガチンコ試合の様相になり、カードが乱発。
クローゼが前半37分に退場になると、直後にセルビアが先制。
そのまま逃げ切りました。
ドイツは24年ぶりにグループリーグで敗戦を喫しました。
まだガーナ対オーストラリアは試合がされていませんので、結果によっては最終戦はスゴイ状況になりそうですね。
 
イングランドの試合は時間の都合で観ていないのですが、アルジェリア相手にスコアレスドロー。
ここも強豪国が苦戦中。
フランスほどではないですが、どうにも思うようにならない状況のようです。
心理的に追い詰められると選手達がルーニー頼みにならないといいですが。
 
さて今夜は日本対オランダです。
オランダ的には今日勝ち点3を確実にってとこでしょう。
ロッベンの状態が気になりますが、それ以外にもすごい選手が多いですよね。
私的にはスナイデルがイチオシですが、もう一人あげるとしたらカイトですかね。
 
私の考えるオランダ戦対策は、引き過ぎずエリア内は高めに最終ラインを設定し、バイタルエリア広範囲に中盤の選手でゾーンを敷き、ミドルシュートの距離が遠くなるようにする。
相手の仕掛け始める位置を高くして、フィニッシュまでの時間を掛けされる作戦です。
スナイデル対策とも言えますが。
攻撃はカウンター一本。
チャンスがあったら攻めましょうで十分。つまり勝ち点1でオッケー。
 
そもそも期待度が地に落ちかけていた日本代表。
カメルーンに勝利して踵を返す人、それでも意地でしかないと思いますが批判をやめられない人、いろいろですがオランダ戦がいい試合になることと祈ります。

|

« 授業参観に行って思うこと | トップページ | 日本の希望、イタリアの憂鬱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業参観に行って思うこと | トップページ | 日本の希望、イタリアの憂鬱 »