« イタリアサッカーの憂鬱 | トップページ | 日本代表の戦いは終わり、そしてJ再開へ。 »

2010年6月28日 (月)

デジャヴ?

昨晩のドイツ対イングランドは見応えのある試合でした。
やはり最大の見せ場はランパードの幻のゴールでしょう。
66年大会でしたっけ、同じカードでの微妙な判定でのゴールでイングランドが勝利した有名な事件がありますが、試合を見ている人全員があのシーンを思い浮かべたのではないでしょうか。
試合はドイツが早々2点リードし、圧勝の予感をさせた後、先制点で緩い守備をしたアップソンがヘッドで1点返した直後だったのでかなり重要な場面でした。

しかし、今回は映像技術も格段に進化していて、しかも明らかなゴールイン。
明らかな誤審。
普通ならもっと荒れてもしかたない試合だったと思います。

ですが、イングランドの選手達の抗議はなく、前半終了時に線審に抗議した選手はルーニーだけ。
この辺に勝敗を分ける必然が見えたかなと思えました。
実際、ほとんどの人がドイツの方が強いと思ってるんじゃないでしょうか。

線審はドイツに助けられたはずです。
明らかな誤審の後、あのまま試合が2対1で終わってたら、彼は試合後、大変な人生が待っていたはずです。もちろん今でも大変な人生が待っている可能性は高いんですが、ドイツが後半奪った2ゴールは、あのゴールが認められていても、ドイツの勝ちは変わらなかったと強く印象づけたことで、あのシーンの意味を薄めてくれました。
歴史は繰り返すように見えて、単純には繰り返さないってことなんでしょうか。

さて残りの試合でデジャヴなことは起きるのでしょうか?

|

« イタリアサッカーの憂鬱 | トップページ | 日本代表の戦いは終わり、そしてJ再開へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアサッカーの憂鬱 | トップページ | 日本代表の戦いは終わり、そしてJ再開へ。 »