« デジャヴ? | トップページ | 代表が帰ってきて... »

2010年6月30日 (水)

日本代表の戦いは終わり、そしてJ再開へ。

昨日の決勝トーナメント1回戦、日本代表は惜しくも敗れました。
PK戦までもつれた展開をどう評価し、今大会の日本代表の総括に繋げるのかなどは、大会前に解任すべしとか声高に叫び今や自分の言い分の正当性を守るために日本代表を褒めながらまだまだ力不足とか論評する人達に任せておきましょう。
 
とにかく終わってホッとしたような気分です。
日本人的にはもうこれでW杯は半分終わったようなもんですから。
それにしても今大会の日本代表には謝らなきゃいけないと思っている人が多いんじゃないでしょうか。
私もそうです。
正直、大会前の惨状からしたら、もう開き直って応援するしかないでしょ、という半分アキラメとヤケにまみれた感じで見ていました。
まあ、岡田監督がどのタイミングで戦い方を変えたにしろ、変えたタイミングもラストチャンスだったなら、変えたのが当たったのも幸運だったとも思うし...。
簡単に言えば人生悪いことばかりじゃないなと岡田監督も思っているかもしれません。
 
守備的な戦術へシフトと言われてますが、私はそんなに守備的だとはカメルーン戦からも思ってなくて、一体感が急に出来上がったというか、みんなが(やりたいサッカーかは別として)やると決めたサッカーを全員が献身的にやりだしたように見ていました。
本当に守備的で、攻撃はカウンターでしとめる形一本のサッカーなら、チャンピオンズリーグでのインテルのやったサッカーを指すと思うんですね。
あれからしたら日本代表のサッカーは遥かに攻撃的でポゼッションしていると思います。
インテルの場合は守備的にならずともよいタレントが揃っているにもかかわらず、全員が献身的にモウリーニョの考えた守備的なサッカーをこなしていた点が日本代表と違います。
高い個人技も活かし、先に先制点を奪い、その後は相手にわざとボールを持たせながらガッチリを守り相手にやりたいことをさせないようにしつつ、スキを見つけたら一気に攻撃に転じて、短時間でフィニッシュして、また戻って守備に徹する。
これなら守備的だと思いますが、私は日本代表は十分アグレッシブだったと思います。
 
W杯のあとは、いよいよJリーグ再開です。
主将の長谷部がJリーグを盛り上げてくださいと、自身はドイツでプレーしていながらそう発言していました。
渋谷で大騒ぎしていた連中の中には、4年に一度の今しかサッカーは見ないと平然と答えている人もいました。
人様に迷惑がられるくらいの大騒ぎを正当化してやるためだけに渋谷に来ていた連中もいるでしょう。
でもその中から一人でも多く、JリーグやJFLなど国内のサッカーに関心を持ってくれる人が出てくれればいいですね。

|

« デジャヴ? | トップページ | 代表が帰ってきて... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジャヴ? | トップページ | 代表が帰ってきて... »