« サポーターの存在意義が揺らぐと思う。 | トップページ | いよいよ明日、ヴォルティス再発進! »

2010年7月17日 (土)

フィジカルトレーニング教室に参加してみた。

きつかった。
どうにかこうにかやり切ったと思うけど、正直今も身体が痛い。
でもやってたことは凄く役に立つことを教えてもらったと思います。
今日は以前も書きましたが、実家の近くのJ2のクラブが主催するフィジカルトレーニング教室に参加してきたのです。
ボール扱いはどうしようもなく下手だからサッカー教室なんてムリだけど、こっちなら勝負できる、いや負けない自信もある。少なくとも同世代には。
 
内容はトップチームもやっているメニューを少し軽くした(ノルマタイムを短くしたとか)内容で、主にシーズン前のキャンプとかでやっているものらしいです。
一部はFIFAが提唱している傷害予防プログラムとしても紹介されています。
例えば、ひじを曲げた状態(ボクシングのポーズみたいな姿勢)で腕立て伏せの姿勢をとり、かつ頭から足の先までが一直線になる姿勢で1分間静止するとか。
身体を横に向け、片手のひじを地面につけて身体を支えた姿勢(身体を支えるのは片手の肘と、片足の側部)になり、身体は中心線(頭から足先)が一直線の姿勢で1分間静止するとか。
最初にやったのはそういうやつ。
後は4キロあるメディスンボールを使ったトレとか。
それからコーンを使ったトレ、ゴムチューブを使ったトレ。またもやボールを使ったトレ。
サッカークラブのトレーニングなのでサッカーボール蹴るメニューもありましたが、それはほんの一部。
殆どがサッカーボールを使わない筋トレ。
 
感想。
最初はこりゃキツイかもと思いつつ、メニューが消化されていくと身体のエンジンが掛かってきて、まだまだやれると思えてくる。
が、最後の最後になってくるとさすがに身体が悲鳴をあげてきて、最後の最後にやった腹筋を使うトレではもう身体が動きませんでした。
それでも、トレの最後まで身体がどうにか持ったのは自分自身の現状を知る意味で大きな価値がありました。殆どが年下ばかりの参加者の中でやれたと思います。これが渦帝。口だけのサポーターではありませんので。
今日習ったメニュー(筋トレ)は明日から朝のランニングと一緒にやろうと思います。
でも身体が痛いから明後日にしようかな。

|

« サポーターの存在意義が揺らぐと思う。 | トップページ | いよいよ明日、ヴォルティス再発進! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サポーターの存在意義が揺らぐと思う。 | トップページ | いよいよ明日、ヴォルティス再発進! »