« 『トイストーリー3』を観て... | トップページ | 渦庭攻防戦! »

2010年7月13日 (火)

スペイン優勝で幕は閉じる

ワールドカップ南アフリカ大会はスペインの初優勝で幕を閉じました。
今朝は偶然というか、神様が起こしたというか、3時過ぎに目が覚めてしまったので、これもサッカーファンの定めだと割り切り、起きて4年に一度の決戦を見ることにしました。
 
人によってはつまんない試合に見えた人もいるかもしれません。
人によってはゴール前でキーパーの神がかり的なプレーが双方に出る見せ場が多くて面白いと思った人がいるかもしれません。
私はPK合戦による決着でなく、あくまでゴールによる決着が着いたことで、この試合は面白いといえる試合になったなと思います。
 
この試合は観ているといろんな背景が見えて、またいろいろな思いが感じられて興味深かったです。
オランダはスペインと自分達の差を冷静に理解し、作戦を練ってきたなと思いました。
準決勝で、ドイツがスペインに殆ど何もできないままに敗れたことは決勝のオランダの戦い方に影響を与えていたのではないでしょうか。
ドイツはずっと引いて守っていたわけではありませんが、慎重に行き過ぎてスペインに自由を与えすぎてしまいました。
オランダはその試合から、スペインに対しては自分達も攻めに出ないとやられると学んだようにも思います。
引いてゾーンを作り、少ないチャンスをカウンターで確実にしとめるという戦法では通じない相手、それがスペインと悟ったんだと思います。
この戦い方、そして結果の求め方は、直近の欧州チャンピオンズリーグでモウリーニョがインテルで欧州制覇を成し遂げた戦術です。
そしてオランダにはそのインテルで攻撃の司令塔であるスナイデルを同じ役割で擁しています。
同じ戦術を取ろうと思えばできるわけです。
他の選手の質も申し分ないわけですから。
でも、結果を出したばかりのその戦術が既に結果の出せない戦術になっていると気づかされる。
しかも相手はその戦法で準決勝で敗れたバルセロナと同じスペイン。
しかも、シャビ、プジョル、イニエスタ、ピケ、ペドロ、ブスケッツ、バルデスはそのチームの主力。
その戦術に対する記憶も屈辱も執念もある連中。
同じくインテルに敗れたバイエルンのロッベンは
「美しく負けるより、美しくなくても勝つことを選ぶ。」
と発言しましたが、インテルのようにやりたいとも思っていなかったはず。
オランダはどこまで攻められるかは別として攻めにいく姿勢を示しました。
それが試合をスリリングにしてくれたと思います。
ゴールが決まらないスリルは余計でしたが。
それにしても、もう守備的戦術の限界が見えるんですから、さすがワールドカップ。
いつまでも守ってカウンター志向に留まっているチームはやっぱりダメなんでしょうね。

そういえば、スペインは守備もしっかりしてた。その上での攻撃的にいける戦い方が大事なんでしょうね。
 
オランダ、スペイン共にクライフの影響が見えるのも面白い対決だったと思います。
オランダは言うまでもありませんが、バルセロナもクライフイズムが浸透しているチーム。
この決勝のカードは見たいと思っていたファンも多かったんじゃないかな。
今回はこういう結果だったけど、2年後のユーロではまた違った展開が見られるかも。
 
イニエスタ。
延長でゴールを決めた直後にユニを脱いだ。
下に何か書いてあったのはわかったけど、ハルケへのメッセージでした。
「DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS(ダニ・ハルケ、僕達はいつも共にある)」
こういうのっていいですね。
これで退場になったとしてもやったんでしょうね。そう思いたい。
こういうのがサッカーなんだとも思います。
やっぱり選手が中心なんですよ。
 
おまけ。
カシージャス。
Casiandsara 見ましたか?みなさん。
優勝後のインタビュー。
インタビューしてるキャスターが彼女。
あえて載せさせてもらうけど、どんなスポーツドラマで美男美女で作り上げたキスシーンでもこれには勝てないね。
おめでとう、お二人さん。

|

« 『トイストーリー3』を観て... | トップページ | 渦庭攻防戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『トイストーリー3』を観て... | トップページ | 渦庭攻防戦! »