« ルパンがマイブーム | トップページ | ひらめきサッカーの功罪 »

2010年7月24日 (土)

魔術師も去る。

明日は大事なヴェルディ戦です。
場所は思いで深い西が丘。
前回対戦はPKを得て1-0で.....って、それはロックでしたね。
 
先日、JEF千葉の巻選手の移籍の件について意見を言いましたが、そうこうしていたら今度は柏レイソルの魔術師フランサが退団することに。
確かに移籍シーズンではあるとはいえ、妙な取り合わせに少し驚いています。
フランサは5年間柏レイソルに在籍。
これほど長く在籍した外国人選手は記憶にないですが、このクラブのサポーターのみならず記憶に残る選手になったと思います。
 
彼の退団については、多くのサポーターが寂しさを感じつつも、理解を示されているようです。
彼の場合、巻選手と違い、いくつか肯定的に捉えられる部分があります。
年齢はあまり関係ないなと思いますが、怪我が多くシーズンフル稼働が困難なこと。
ストライカーではなく司令塔タイプのため、彼を起用する場合は彼中心のサッカーになり、怪我で出られないと戦い方を大きく変えなくてはならず、チームのリスクが大きいことがあります。
そこへきて、今季彼からレギュラーを奪ったのは柏ユースから昇格した2年目の工藤。
しかも工藤は9ゴールでランキング2位につける活躍。
チームもここまで無敗で首位を走るとなれば、来季のこともサポーターは早くも見えてきます。
そうなると、フランサは来季も...とはならんのでしょう。
あと、まだ移籍先が決まっていないというのもサポーターが静観する理由だろうと思います。
 
まあでも彼の場合は幸せなケースでしょう。
浦和の高原選手などはちょっと可哀相な気さえします。
もうちょっと気を配ってやれないものかとも思います。
 
移籍で騒動になるクラブは健全なイメージしませんよね。
これもJリーグの課題だと思います。
 
今日はこれから珍しく休日出勤です。
といっても出張ではなく、事務所で集計作業。
頑張って明日の試合はスッキリと挑みます。

|

« ルパンがマイブーム | トップページ | ひらめきサッカーの功罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルパンがマイブーム | トップページ | ひらめきサッカーの功罪 »