« お待たせ!舞浜のクールでデラックスな夏が開幕。 | トップページ | スペイン優勝で幕は閉じる »

2010年7月11日 (日)

『トイストーリー3』を観て...

昨日はなんかムカついた一日。
晴れた青空と、暑い陽気にあれほどムカついたことは人生の中でも記憶にない。
どうして、どうして、どおぉぉぉぉしてえぇぇぇ金曜日に晴れない!!
まあ、まだ夏はこれからだからね。
そう自分に訴えておかないとね。
 
今日はいよいよ選挙ですね。それと決勝。今日はいろいろな意味で決戦日ですね。
結構燃えるんですよね、選挙。たけしさんの番組に特化して見ようかな。
選挙っていうとサポーターとしても思い出すことがあって、内輪では話したことがあるんだけど、文字にはできない話もあってね。
それが選挙に対するある種のトラウマというか、信念というか、某党への怒りとかなっているんだよね。
 
と、それはおいといて、今日は子供と映画を観にいきました。
『トイストーリー3』
子供が観たいとせがんだわけでなく、どっちかというと観たい、見せたいと自分が思ったわけで。
あらすじとか読んでも結構泣けそうだとか、子供にモノを大事にするということを教えられるとか思ったのです。
で、観てきました。3Dで。
ウチの子はかなりの怖がりなので、ハラハラする場面とか目をつぶったりとかしてました。
まあ、そんな簡単に映画のメッセージが子供に伝わるわけでもないのですが。
それでも家に帰ってきたら、子供も映画の中でおもちゃの扱われ方を話題にしてました。
行ったかいあったなと思いました。
私的にはちょっと泣ける映画だったな。
 
最近は観たいと思う映画が多くて、時間があれば観にいく時間も作りたいところ。
特にこういう映画が好きとか最近はないんです。
ちょっと前みたいにミニシアター志向も今はないし。

|

« お待たせ!舞浜のクールでデラックスな夏が開幕。 | トップページ | スペイン優勝で幕は閉じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お待たせ!舞浜のクールでデラックスな夏が開幕。 | トップページ | スペイン優勝で幕は閉じる »