« 35年ぶりにカブト虫飼育に挑戦。 | トップページ | アンスラックス「サウンド・オブ・ホワイト・ノイズ」を聴き続ける理由 »

2010年8月19日 (木)

カブト虫飼育記(その1)

前回記事の続きでカブト虫の飼育記になります。
 
Ca3f0541 昨日は定時退社できたので家の帰りに飼育道具を買ってきました。
家の近くのダイソーで何でも手に入るので、そこで一揃え。
ケースは一緒に貰っていたので、飼育マット、登木、餌のゼリー、餌台、朽木、保湿剤、防ダニ剤、小バエ用シート。
全部で1,000円ほどで済みました。
さっそく”自宅”のリフォームして、殺風景なケースの中はジャングルのようになりました。
 
Ca3f0543 飼育2日目で気づいた習性。
その一、カブト虫は夜10時以降になると活発に動き出す。
その二、カブト虫は上に登ろうとする。
昨日もそうだったのですが活動が活発になると当然ですが行動範囲を広げようとして上に意識が向くようです。
ケースの蓋が緩いと脱走することもあるそうで、気づいたら天井の小バエ用シートに絡み付いていたので、下ろして踏み台になった登木の角度を緩くしました。
その習性も関係するのですが、ケースの内側を登ろうとするので転倒することがままあります。
その際につかまって起きられるようにして、朽木を配してあげました。
ちょっとケース内がゴチャゴチャした感じにもなりましたが。
その三、生活サイクル。
前述の通り、夜10時以降に活発に行動し、朝食事を摂ります。この記事を書いている6時現在そうです。
その後は就寝。
基本そんなサイクルのようです。
 
さて、この先はメスを加えて繁殖も挑戦したいのですが、オスが生きているあいだに間に合うでしょうか。
そういえば名前が決まってませんでした。私はオルテガ(アルゼンチンのサッカー選手)と付けようとしたのですが、娘が”カブくん”とそのまんまの名前を希望したので、一応カブくんとなっています。

|

« 35年ぶりにカブト虫飼育に挑戦。 | トップページ | アンスラックス「サウンド・オブ・ホワイト・ノイズ」を聴き続ける理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 35年ぶりにカブト虫飼育に挑戦。 | トップページ | アンスラックス「サウンド・オブ・ホワイト・ノイズ」を聴き続ける理由 »