« 最近のはなし | トップページ | まだ何も失ってなんかいない。 »

2010年8月 6日 (金)

時代を動かしたバンド、パンテラ。

サッカーネタがあまりないので生活ネタを書いていましたが、なら音楽ネタにしようと。
何かないかと考えたところ、あるバンドのことを思い出しました。
今から18年前にヘヴィメタルシーンを席巻し、革命的な存在となった忘れられないバンド。
そのバンドの名は”パンテラ”。
 
1981年にテキサス州ダラスでヴィニー・ポール(Ds)とダイムバック・ダレル(Gu)の兄弟によって結成されたパンテラは1990年に発表されたメジャーデビューアルバム『Cowboys from Hell』をリリースするまではパッとしないバンドであったようです。
しかし、87年に加入したフィル・アンセルモ(Vo)以降のメンバーラインナップでの2枚目のアルバム『Cowboys from Hell』はそれまでの彼等のサウンド、ヴィジュアルを一新させたもので、後にグルーブ・メタルというジャンルの祖となる革命的なアルバムでした。
Ca3f0009 バンドはその次にリリースした「VULGAR DISPLAY OF POWER 」(日本タイトル「俗悪」)で人気が爆発的に広がり、それはメタル・シーンのこれまでの常識を覆すほどの勢いになりました。
多くのバンドが彼等の影響を受け、それはメタル・ゴッドと呼ばれたジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードにも音楽、ファッションの両面で影響を与えました。
うねるグルーブ感に満ちたリフ、独特なドラムサウンド、怒りをこれでもかとストレートに吐き出すようなヴォーカル。
ここまでのサウンドは聴いたことがないものであり、それでいて耳障りにならない不思議な魅力も持っていました。
ダレルのギターはサウンドだけでなく、彼の弾くギターそのものも業界のトレンドになりました。
 
Ca3f0010 日本では93年か94年ごろに初来日を果たし、観にいきました。
初日は大崎のゆうぽうとだったと思います。
前座はアウトレイジ。凄いカップリングでした。
会場は凄い盛り上がりで、今でもパンテラの演奏スタート時に浮かび上がったフィルのシルエットが思い出せます。
ファンをステージに上げて強引に5分近く唄わせたりしました。
圧巻でしたが、真に圧巻だったのは、こっちは観てないですが、翌日のクラブチッタのスタンディング公演。
ファンがステージダイブを敢行し、セキュリティがそのファンをつまみ出そうとすると、フィルが制止。
セキュリティを突き飛ばし「俺のファンに何をする!」と言って彼を戻したそうです。
すると、ダイブはバンド公認という空気ができて...後は想像に任せます。
 
Ca3f0011 サウンド面でもそうですが、ファッション面でも日本のメタルファンを変えてしまい、その影響はメタルファンを越えてストリート全体に影響を与えました。
街にはダボッとしたグレーのパンツが溢れ、頭を長髪からスキンヘッドに変えるファンも大勢いました。
メタル系のミュージシャンまで短髪になる人が増えて、雑誌編集者が絵面が地味になると嘆いていました。
今でもその影響を感じるファッションを時々見かけます。Ca3f0012
その格好をしている本人はパンテラなど知らないと思いますが。
 
バンドは95年ごろからメンバー間の関係に軋みが出始め、96年にはフィルがドラッグ中毒で一時死にかけ、アルバムを出すもかつても勢いも失せ、2003年に解散します。
フィルはその後、在籍中からご執心のプロジェクトに注力し、ダレルとヴィニーは彼等のバンド、ダメージプランを結成します。
しかし、2004年12月8日、何とジョン・レノンの命日になるこの日、オハイオ州コロンバスでライブ演奏中にステージに上がってきた男にダレルが銃で撃たれ死亡。
ロック界に大きな衝撃となりました。
 
しかし、今聴いても「VULGAR DISPLAY OF POWER 」は強烈なパワーを放ち続けます。
時代を動かすにはここまでのパワーが必要なんだなと思わせてくれる一枚です。

|

« 最近のはなし | トップページ | まだ何も失ってなんかいない。 »

コメント

お疲れ様です。m(__)m

実はパンテラは聴いたことがありません。

でも、渦帝さんが書いてくれて感謝します。
勉強になります。

ロブ・ハルフォードに影響を与えたなんて凄いですね…。

ジューダス・プリーストは私のアイドルでもありました。
背徳の掟、ターボ、の際のジャパンツアーは観に行きました。

逆にジューダスの影響を受けたミュージシャンも多いですね。


例えば、ジューダスの曲名がバンド名になっているケースもあり…。

投稿: おー | 2010年8月 6日 (金) 21時28分

ロブはパンテラのライブにも飛び入りしたりしたことがあるんです。
あの頃のロブはバンド内でも孤独感や、行き詰まりに悩んでいたはずで、パンテラなどの若いバンドたちは彼に新鮮な活力を与えたのです。それが「ファイト」や「ハルフォード」の活動に繋がっていき、彼の復活にも繋がっていくんですね。

パンテラはガンズ同様、時代の華になりましたが、ガンズ同様に全盛期は短命でした。
でも放ったエナジーは人の記憶にも残っています。特別なバンドってのはそういうもんだと思います。

投稿: AWAN渦帝 | 2010年8月 7日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のはなし | トップページ | まだ何も失ってなんかいない。 »