« 夏休みは進行中。 | トップページ | しながわ水族館 »

2010年8月15日 (日)

やれやれだピー。

やれやれだピー。
無理して前掛かりに点を取りに行って自爆しかけたピー。
なんとも勉強しない連中だピー。
 
てな感じが試合直後の感想で、このまままるは氏に送ったのでした。ちなみにピー語はおじゃる丸の小鬼のマネ。らりぴー語ではありません。
ホント、ブサイクな試合だったピー。
 
難しい試合になるのはわかってたんですけど、それは自分達で難しくした場合の話。
正直言えば負ける相手ではないし、負けちゃダメな相手。
それがホームでは逆転負けを喫したことで、大きなショックというか傷になった。
さすがに今回はそれを教訓にして上手く試合をコントロールして勝てるだろうと思っていたのだが、何とも危なっかしい試合の入り方でした。
 
中盤でミスとボールロストを頻発し、カウンターを繰り返し喰らう始末。
これはパスを手近の選手間で短く繋ぎ過ぎたことで、相手に容易にプレスを掛けさせたためだと思います。
そしてCBの二人もピリッとしていませんでした。
まあ、これは中盤の守備が効いていなかったことも考慮してあげないといけないでしょうが。
それはそうとして、前半序盤の上野は神だったと思います。
彼のビッグセーブ連発がなかったら試合はどうなっていたことか。
 
先制点となったこの試合の初シュートは、クロスといい、シュートまでのゴール前での動きといい、さすがのものでしたが、あのシーンの攻防が両チームのそもそもの実力の違いを端的に表現していたと思います。
あれだけチャンスがありながら決められず、相手の初シュートで失点してしまう岡山。
そして直後に2点目を決め、幻になったが3度目もネットを揺らした。
そして、前半終盤は引いてカウンター狙いに持ち込み、序盤のように相手が狙ってきたポイントをしっかり潰して岡山の攻撃を手詰まりにしました。
普通なら後半もこのまま相手の手詰まり状態を維持させながら、カウンターで仕留めるというのが定石だと思うのですが。
 
どうして前に出てっちゃうかなあ。
じっくり相手が手詰まりにじれてスキを見せるのを待てばいいのに。
おかげで、岡山が前半序盤に狙った箇所を再び晒してしまい、そこをカウンターで突かれまたもピンチの連続。
それでも失点しなかったらよかったんだけど、残念ながら失点してしまい、さらに岡山を勢いづかせることに。
 
結局勝ったけど、最後はみんな足が吊りそうになってました。
そんな試合にしなきゃならない理由なかったと思うんですけど。
自分達で試合を危うくしたよね。
3点目を取りに行くのはいい、というか当然だけど、取りに行くまでのストーリーが捻りまるでなし。
これじゃあ取りこぼすよ。
頼みますよ。こういう試合にしないでよ。
まったく、やれやれだピー。

 

それに昨日からココログが重くてアップできなかった。こっちもマッタクもってしっかりしてくれ。

|

« 夏休みは進行中。 | トップページ | しながわ水族館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みは進行中。 | トップページ | しながわ水族館 »