« さあ、ここからだ! | トップページ | サッカー雑誌を買う理由。 »

2010年9月13日 (月)

NHKBSで見るセリエA、そして長友。

さっきまで凄い雷でした。ピカピカピカピカ、ゴロゴロゴロゴロ、で、ドッカアーンとか。
今は雷雲が去ったので静かになりましたが、雷はやっぱり怖いですね。
これも過去の記事ですが、偶然撮影できた落雷の瞬間がありますので見てみてください。
 
さて、今日は7時半くらいに家に帰ってきたのですが、新聞のテレビ欄を見て少し驚いたのがNHKのBSでセリエAの録画放送があったことです。
カードはチェゼーナ対ACミラン。
ミラノダービーをフジが放送することはありますが、チェゼーナのような昇格組の試合をNHKが放送するなんて初めてのような気がします。
もちろん、チェゼーナに今季から加入した長友が出場するからと、相手がACミランであることが大きかったとは思います。
で、土曜日に行われていたこの試合は2-0でなんとチェゼーナの勝利。
NHKとしても美味しい試合を買えたと思ったでしょうね。
ミランホームでしたら放送権料が高そうな気がしますが、チェゼーナならさほどでもないでしょう。
実はこの試合はスカパー!で観ようと思っていた試合でしたが、NHKBSだとやはり映像がスカパー!よりキレイです。
それにも増してパッと見ていいなと思ったのが、チェゼーナのスタジアム。
スタディオ・ディノ・マヌッツィ(23,860人収容)という名前だそうです。
サッカー専用スタジアムでピッチと観客席が凄く近く、なおかつ屋根が全面にあり、2階建てで収容人数も2万人以上。
欧州だとああいうこじんまりとしたサッカースタジアムが住宅地の真ん中にポンとあったりするんですよね。
私も10年くらい前にイタリアに旅行にいったとき、ヴィチェンツアという街でセリエAを見ましたが、住宅地の真ん中にスタジアムがあって、もうすぐ隣は住宅なんです。
スタディオ・ディノ・マヌッツィより小さかったですが、サンシーロとかの大きなスタジアムではない小さなスタジアムでも実に熱狂的なサポーターを抱えていることが感動しました。
日本にもああいうスタジアムたくさん欲しいなあ。
サッカー専用という意味ではジュビロのヤマハスタジアムにどっちかというと近いかな。それでもかなり違う箇所も多かったけど。
 
番組の主役というか、実況アナが盛んに名前を連呼していた長友は、なんか右往左往しているように見えました。
オフサイドラインも一人だけ遅れてたりしたし、インザーギの芝居に引っ掛かってPK与えちゃったり(そのPKはイブラヒモビッチが外す(笑))
まだまだセリエAというかチェゼーナのサッカーに馴染みきれてないように見えました。
 
長友は9人目のセリエAプレーヤーだそうですが、今まで挑戦した選手のような王様タイプの選手ではなく、労力惜しまず貢献するタイプに近いので、結構使ってもらえるチャンスはありそうに思います。
セリエAへの日本国内での関心度が高まるので、彼には頑張って欲しいですね。

|

« さあ、ここからだ! | トップページ | サッカー雑誌を買う理由。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さあ、ここからだ! | トップページ | サッカー雑誌を買う理由。 »