« 20年前、ガンダムブームだった...。 | トップページ | 厳しい状況。でも、ここで問われること。 »

2010年9月22日 (水)

ダブルオー劇場版について考えて...

で、近いうちにまたダブルオー劇場版を観にいこうと思いますが、ここ数日はヒマがあると劇場版のことを考えています。
???がついた分だけ、考える箇所が多いということで、考える楽しみができるのです。
こういうところがガンダムに限ったわけではなうですが、日本アニメの面白いとこなのかもしれませんね。
そんなこんなで、ここ数日間で自分に質問し、自分で答えを出してみたことをつらつらと書きます。
あくまで私の個人的な考えですけど。
 
1)ELSとは何?
金属質の生命体であることはわかりましたが、能力的にどんな生命体なのかを考えてみました。
クラシックなSFアニメだと、地球に襲来するものは大概侵略者で侵略の意思があって、何故かみんな日本語を話すわけです。
ヤマトとかね。
日本語を話さないまでも、何かの言語で会話をしつつ、思考はとても地球人的な思考をするのです。侵略者らしい思考を。
でも、今回の”敵”ELSはそれに当て嵌まりません。
知的生命体というよりむしろ昆虫に近い生命体のような気がします。
 
2)ELSは言語を持っていない。
ELSは脳量子波、もしくはそれに近いものでお互いにコミュニケーションを取っているようです。
交換しているのは画像イメージとか、言語よりもっと原始的な単音とかではないかと思うのです。
しかし、言語を持たない、持ったことがないから知らないのでないかと思われます。
何故か?
もし言語というものを知っていたなら、刹那とのコミュニケーションの際に会話が成り立ったはず。
しかし、声での会話が可能になると、クアンタムシステムが不要になってしまうので、設定上も言語があってはマズイとなったのでは。
 
3)ELSは他の生物の能力を取り込む能力はない。
劇中、MSや巡洋艦に変形しますが、あれは機械(同じ金属物)であるから可能なのであって、人間と同化しても人間の能力を吸収することはできないのではないかと思います。
同化された人間が重篤状態に陥って、そのままになっていること。
脳量子波を駆使するデカルト・シャーマンを取り込みながら、彼を活用することは最後までありませんでした。
言語が使えないという点からも、生物の能力を吸収するといったよくあるSFでの侵略生物が持つスキルはないのでしょう。
 
4)ELSは侵略者か
否と思います。刹那が知ったように、ただSOSを発信しながら助けてくれる者を探しつつ、他の生物と同化を繰り返す。
同化された生物はそのまま駆逐されてしまうので結果として侵略者となってしまいますが、侵略の意思そのものはないと思います。
ELS側も助けと求めているだけなのに攻撃を受けるので、最初は同化してコミュニケーションを取ろうとするだけから変形しての反撃にでるのだろうと思います。
攻撃的な意志が強ければ、その能力の高いデカルトを取り込んだあと、彼を武器として活用するのではと思うのです。
 
もう一つ、謎に思えるのがこれ
デカルト・シャーマンとは何だったのか?
 
5)何のための役だったのか?
監督のインタビューにも書いてありましたが、彼は刹那のダブルオーのトランザム時のGN粒子の影響を受けて覚醒したわけです。
ということで、彼自身には刹那、つまりガンダムとの因縁はあるわけで、それがモルモットのように軍で扱われるきっかけになったわけですから、ガンダムへの隠れた思いはあったと思うのです。
ならば、劇中で刹那と交わる機会があって普通だと思うのですが、それがないままに終わった。
最初からそうだったというより、何かの都合で脚本が変わって、接点がなくなったのでは。
ある意味、彼の存在って詐欺だ。
 
6)彼は死んだのか
死んだというか、それに近いダメージと受けたのは間違いないだろうと。
刹那がコミュニケーションしたときも大量の情報が脳に流れ込んで、ダメージを受けたように彼も脳に大きなダメージを負ったのだろうと思います。
ゆえにELSは彼の能力を(彼の脳が破損したため)吸収できなかったとも考えられるのかなと。
 
とまあ、こんなこととか考えていたのですが、もうちょっと別のことも考えました。
昔、劇場版のマクロス(愛覚)がヒットしたとき、主題歌も大ヒット。
あのころはテレビで歌番組も全盛だったので、それも後押しした気がします。
今はテレビで歌番組は殆ど見かけなくなりました。
今回のUVERworldの歌う「クオリア」はいい歌だなあと思うのですが、歌番組がもっとあったならこの映画の興行成績ももっと上向いたかもと思うのです。
作品自体もすごくいいメッセージを放っていて、実は今の時代にすごく必要なことだと思うのです。
今緊張が高まっている例の船と島の問題も、そして我が徳島ヴォルティスのコミュニティにおいても。
私の奥さんの勤める中学校でもこの映画を観るのを楽しみにしている生徒が結構いるそうで、一ガンダムダブルオーファンとして以上にこの作品を観て、考える人が増えるといいなと思っています。
 
明日は試合があるのでサッカーの記事を書きます。

|

« 20年前、ガンダムブームだった...。 | トップページ | 厳しい状況。でも、ここで問われること。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20年前、ガンダムブームだった...。 | トップページ | 厳しい状況。でも、ここで問われること。 »