« フクアリで感じた空気 | トップページ | ダブルオー劇場版について考えて... »

2010年9月21日 (火)

20年前、ガンダムブームだった...。

ガンダムダブルオーの映画の感想ってことで多くの方が観に来てくださっているようです。
ネタバレしているので、その点はまだ見ていない方には不親切であるかもしれませんが、どちらかというと先にネタを知っていて観るとまた違うものが見えてくるかもしれませんね、この映画については。
まあ、この辺は人によってはでしょうけど。
 
ただ、こういう風に議論がいろいろ起きるってところが日本アニメのいい部分のような気もします。
昨日は書店でガンダムダブルオーエースを購入。ガンダムエースの増刊です。
そこに水島監督のインタビューなどが掲載されており、デカルト・シャーマンの出自についても書かれてあって、ああそういうことってことがわかりました。
私は嵌った映画の小説版を買うことが多いのですが、この作品の小説版が10月1日に発売されるそうです。
小説版ではもっといろんなことがわかるかもしれませんね。
 
ガンプラでクアンタは既に持っているのですが、魂でまた買うかも。
あとはラファエルも買うかも。結構気に入ってます。
でも、一番惹かれたのはANAカラーのダブルオーライザーかな。
 
なんかこんなこといろいろ考えてたら中学生の時の1stガンダムのブームのときのこととか思い出しました。
今から20年くらい前ですね。
ガンプラ買うのに朝早くからおもちゃ屋の前に並んで、一人一個とか言われてGMだけ買ったっけ。
シュミレーションゲームといってボードゲームも買いましたね。
ソロモン攻防戦を連邦、ジオン両軍に分かれて、ハニカム状のボード上で小さな紙のピースのMSを配置してすごろくみたいに遊ぶやつでした。
当時はTVゲームなんてそこまでの性能がなかったから。
5,000円くらいしたかな。当時の中学生には結構出費だったけど。
STARWARSのゲームも持ってました。デススター戦のやつ。
でも一番問題だったのは一緒に遊ぶ相手がいなかったことでしたね。
 
あれから20年近く経ったのに、まだガンダムって支持され続けてるわけで、あの頃はそんなこと考えもつかない。
あれから20年経っても、ガンダムを楽しんでる自分がいるなんてことも。
 
ガンダム1stシリーズ後はイデオンとか、ダンバインとか、ダグラムとかサンライズ作品をずっと見てましたね。
イデオンの戦闘シーンとか好きだったなあ、ミサイル一斉発射とか。
「カミューラ・ランバンの仇っ!」とか。
私は今でも機動性と火力で最強の量産兵器はアディゴだと思ってる世代です。
なんか急にイデオンのDVDまた観たくなってきました。
 
今、あらためてダブルオー劇場版のことを考えています。
ELSとは何だったのかとか、デカルト・シャーマンは何のために出てたのかとか。
あまり時間を置いてから記事にしても意味ないので明日とか書こうかなと思います。

|

« フクアリで感じた空気 | トップページ | ダブルオー劇場版について考えて... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フクアリで感じた空気 | トップページ | ダブルオー劇場版について考えて... »