« 明日はナリに会える日。 | トップページ | 胸を張れ!ヨシナリトクシマの男子たち。 »

2010年9月25日 (土)

ガンダムダブルオー劇場版 鑑賞第2ラウンド

お昼にテレビをつけたら国体の開会式をやってました。
ちょっと用事をしてたら徳島県代表の入場シーンを見損ねてしまいました。
いよいよ明日です。
 
今日は奥さんと娘が出掛けたので、私は再びガンダムダブルオー劇場版の鑑賞第2ラウンドへ。
あらすじを知ったうえで見るとまた違うものが見えてくるものですが、見終わった直後の感想は意外とシンプルなことを訴えてるんだなということ。
ダブルオーのテーマである「解り合う」ことについて外してないし、ELSが悪ではなく、だが互いの理解ができていないがゆえに人類と争いになってしまう関係であること。
そしてその中で「解り合う」ことを求めていく過程と結末を意外にシンプルに描いていましたね。
ただ、現実にはそこが一番難しいんですけど。
昨日とかそんなわけにいくか!とか思うことがありましたから。
だから、今日この映画を観にいったことで、逆に癒されましたね。
いい映画でしたね。そういう意味でも。
 
あらためて気づいたことでは、劇中にELSに襲われる女子高生(結構カワイイ)がラストシーンでクルーとして出てくること。
髪の毛の一部がELS化していたのは確認したので、事件解決後もELSが完全分離しないようですね。
そのせいでイノベイターとして覚醒したため、歳を取ってなかったのでしょう。
刹那も同様で、ELSを取り込んだため、ああなったのでしょう。
となるとデカチンは?
彼が取り込まれたのは火星領域で、そのまま置いていかれちゃいました。
元に人間化しても機体は元に戻らないでしょうから、そのままでしょうか。なんかもっと性格が歪んで人間に復元されそうな気が。
でもやっぱり何のためにいたんでしょうかね。
取り込まれた後、ELSの傀儡としてボスキャラ化するパターンもあったのでしょうが、ELSが圧倒的に強くてボスキャラが不要なこと。
生物の機能まで取り込めちゃうと日本語で語り合えちゃってクアンタムシステムがストーリー上不要になってしまうこと。
そんなこんなで途中で脚本が変わったのでは。どうすか?黒田さん。
 
劇場では入場時にカードが貰えるのですが、今日貰ったのはアンドレイでした。
今回の劇場版では結構アンドレイに泣かせてもらったので、ちょっと嬉しい。
ちなみに1回目の時は刹那でしたね。
 
Ca3f0607 それから、今日はラファエルガンダムのガンプラを買ってきて家で作りました。
いわゆる素組みですが。それなりに丁寧に作りました。
確かに腕とか足とかガデッサに似てます。
それからヅラを除いた本体もかなり大きい。
クアンタより大きかったのは意外でした。
映画館では2100円で売ってましたが、隣のイオンでは1881円。
早まって劇場で買わずに安いとこで買いましょう。
ラファエルは頭の上のヅラが特徴ですが、このプラモではセラフィムにはなりません。
一応セラフィムのアタマはありますが。
プレモ作るときの注意で間違えやすいのはA-14のパーツ。
これの付けるときの向きを間違えるとヅラが組み合わなくなるので一旦解体しないといけなくなります。
結構序盤につけるのでご注意を。
 
さて、明日は国体。
まるは氏は「行けない(涙)」とのこと。
来てくださる方は一緒にヨシナリトクシマをサポートしましょう。

|

« 明日はナリに会える日。 | トップページ | 胸を張れ!ヨシナリトクシマの男子たち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はナリに会える日。 | トップページ | 胸を張れ!ヨシナリトクシマの男子たち。 »