« 目指せ!後悔しないお金の使い方。 | トップページ | なんだかんだいって。 »

2010年10月 9日 (土)

日本代表に見る「規律と献身」

レッズ戦を明後日に控えて3連休の初日の朝です。
 
昨日の日本対アルゼンチンはなかなかに面白かったです。
チーム練習始めて時間もなく、戦術といいうよりは規律だけどうにか仕込んだ状態で試合に臨んでいたような日本。
(契約もあってか)本気モードのメンツを揃え、選手達も先制されたことで本気になろうとしていましたが、いかんせん動きが重いし、同僚が怪我もしてしまい、気持ちがトップギアに入れるのを躊躇しながら強国のプライドだけは守りたいように見えたアルゼンチン。
歴史的な勝利と実況が叫ぶほどには双方とも100%ではないし、100%やろうとしたようには見えない試合でしたが、いい試合を観たなと思います。
試合後の日本代表の選手達も疲れた表情は見せてなかったでしょ。
そこにも個の成長が見えたとも思いますが、そういう試合だったんだなとも思いました。
 
でも一番感じたことは技術的なことより、まず規律と献身が大事なんだと日本代表から感じました。
メッシがドリブルで巧みにエリア内に進入するのを軽くかわされたとき、もう一人が猛然と詰めてカットする。
結構そういう場面多かったですよね。一瞬ギリギリまでいく瞬間。
メッシを削りそうな場面もあって、変な意味で「危ないぞ!」と思ったときも。
でも、上述のギリギリの場面で出てくる三人目のDFが最後まで欠けなかったこと、その規律と献身性は大事だったと思います。
この試合では守備でそれが示されましたが、攻撃面も同様。
献身するのも大事ですが、献身に気づいてあげるのも大事。
今のヴォルティスに欠けているものでもあります。
浦和戦は立場的にはアルゼンチン対日本に近いシチュエーション。
技術的にはともかく、同じような規律と献身を示せるか。
それをヴォルティスに見たいです。
 
それにしても、怪我人がD・ミリートとカンビアッソって何だよ。
今年のインテルは良すぎた昨季の反動が思いっきり出てますね。
選手がイライラしてるのも、次の目標が定まらないうえに、思うように結果が出ないことで規律が乱れているからだと思います。
ベニテスも可哀相だな。
こういうときこそモラッティ会長の出番なんだけど。

|

« 目指せ!後悔しないお金の使い方。 | トップページ | なんだかんだいって。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目指せ!後悔しないお金の使い方。 | トップページ | なんだかんだいって。 »