« 運動会の思い出 | トップページ | 今日は勝った!それだけでいい。 »

2010年10月16日 (土)

娘の運動会で気づく。応援ってこんなにも簡単なことなんだ。

今日は娘の小学校での初の運動会。
こんな歳になったんだなあと思いつつも、また嬉しくもありで。
重箱のお弁当をレジャーシートの上で三人で食べるのはいいもんです。
娘はかけっこは残念ながらビリ。
それでもクラスメイトと一緒に運動会を楽しめたようで良かったです。
 
自分のころと比較すると生徒が少ないんだなあというのが最初の印象。
私の小学校時代は一学年6クラスが普通でしたから。
こんなところに少子化をあらためて感じます。
 
ただ盛り上がることと、家族が来て子供と一緒に運動会を楽しんでいるのは昔と変わりません。
私の子供の頃はビデオを回す親は殆どいませんでした。
ただ祖父が8ミリテープ撮影機(若い人は知らないだろうけど)を持っていて、妹のときは中学生だった私が撮影しました。
私はいろんなものを録って回るクセがあるのですが、今日は娘に重点を置いて撮影。
ところが余計なものを最後に録ったと、あとで娘に泣かれてしまいました。
 
紅白リレーはやはり盛り上がるし楽しいです。
15人組くらいの人数の多いリレーでしたが、ちょっと足の速い子が走ると簡単に形勢が変わるので面白いことこのうえありません。
見応え十分でした。
最後まで皆全力。そして周りも一生懸命応援し、勝ったら喜ぶ。
娘は自分の組の応援にも大声を出し、勝つと大喜び、満面の笑みでガッツポーズと、普段あまり見ない娘がそこにありました。
そして、自分達が好きなサッカーチームを応援しているのと同じ、いやもっとシンプルなものを感じました。
応援するってこういうことなんだなと。
大人になるといろいろあるんですけど、こんなにも簡単なことなんだと気づかされました。
 
さて、明日は熊本戦。
深く考えず、この試合に勝つ。そのためにチームを応援する。
そんな簡単な気持ちで応援するだけでいいのではないでしょうか。

|

« 運動会の思い出 | トップページ | 今日は勝った!それだけでいい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動会の思い出 | トップページ | 今日は勝った!それだけでいい。 »