« もっと今を突き破ろうとする気持ちを。 | トップページ | 困難なときに選手が示せるもの »

2010年10月27日 (水)

日本シリーズのチケット

次第に以前の定位置(Bクラス)に落ち着くのかなあと思わせる日々が続きました。
まさか監督が変わって一年目で日本シリーズに出るとはさすがに思っていませんでした。
マリンスタジアムのある幕張も、まだ街として実感できていないのか2005年ほどに日本シリーズを待つという空気は感じられません。
会社でもロッテの話をする人を今年はあまり見ません。
でも、日本シリーズを勤め先の目と鼻の先でやるのです。
そりゃ見たいですよ。
日本シリーズ生で見たことないし。
 
チャンピオンズリーグの決勝も、ナビスコカップの決勝も、天皇杯サッカーの決勝も、トヨタカップも、ジャイアント馬場がスタン・ハンセンにフォール勝ちしたPWFヘビー級タイトルマッチも生で見たのに、日本シリーズは生観戦したことがないんですよ。
とゆうわけで、チケットの抽選を申し込んだわけです。
3日(祝・水)と4日(木)。
まあ、外れるだろうなと思いつつ。
抽選に当選した場合のみ通知のメールが24日(日)の昼頃届くと書いてありました。
 
そして24日。
11時ごろ、まるは氏からメールが届きます。
日本シリーズのチケット獲りが上手くいかなかったので、ネットオークションで頑張るとのこと。
そのときは、ああもう発売開始なんだ、さすがにすぐ売り切れたんだなと思いました。
その時点でメールが届いておらず、こりゃ落選だわと。
 
12時過ぎ、PCの画面に開きっぱなしにしていたメールソフトの受信通知に2通あることに気づきました。
ああ、またスパムだ、”お久しぶりです、ユキエです。覚えてますか?”って、そんな名前の女知らねえよ、ア●ミで書いてくれりゃ即返事なのによ、なんて思いながら受信箱開くと。
”「2010年度日本シリーズ 千葉ロッテマリーンズ vs 中日ドラゴンズ」当選のご案内”のタイトル文字。
しかも2通とも同じ。
え、マジ!?
なんてことでしょう。応募した2日間とも当選したのです。なんという僥倖、いや強運。
スゲー、だから大分に負けたんだ。いやいや、そうじゃないって。
 
とゆうわけで日本シリーズ観戦決定。
今日サンクスでチケット発券したら、段々と実感が沸いてきました。
できりゃマリンで日本一決めたいなあ。
にわかに野球で盛り上がる渦帝なのでした。
 
チケットといえば、以前元関東隊のTさんから貰ったヴェルディ川崎のウオームアップトップのポケット探ってたら一枚の古いチケットの半券が出てきました。
そこには”93年Jリーグ ニコスシリーズ”と書いてあり、横浜マリノス対ヴェルディ川崎と記載されていました。
ポケットに18年間もこの半券は入ってたんですね。結構奇跡的なことですよ。
このカードは当時、ドル箱カードでもっともチケットの取れないカードだったはず。
あの頃の自分を思い出したりしていろんなことを一枚の半券から考えるのでした。

|

« もっと今を突き破ろうとする気持ちを。 | トップページ | 困難なときに選手が示せるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっと今を突き破ろうとする気持ちを。 | トップページ | 困難なときに選手が示せるもの »