« 駒場までの1週間が始まって... | トップページ | 渦帝流サッカーファッションのプライド »

2010年10月 5日 (火)

勝ちたいなら...

正直な気持ちを言うと、私は次の浦和戦に期待なんかしていない。
岐阜戦を見てそう思うことにした。
浦和戦に勝つんだったら、力勝負を挑んで勝つこと以外要らない。
短いチャンスで1点取って、そのまま守りきって勝利なんて要らない。
いまさらそんな試合して勝って欲しくない。
そんな勝利でごまかされるようなことされたくない。
 
真っ向勝負してほしい。
同じスピードでプレーしてほしい。
意図の感じないプレーに逃げないで、挑むパス、挑む突破、挑むディフェンスを1試合貫いて欲しい。
いや、1試合貫けなくても、足が攣るまではそういう姿勢を貫いて欲しい。
我々に伝わるプレーをしてほしい。
一生懸命やっているなんて言われても、伝わらないのだったらやってないのと同じ。
いや、一生懸命やってるなんてどう見たって思えない。
 
みんなそう思ってるって。
監督が自分の責任なんて言っても、プレーしているのは選手。
一生懸命さが感じられない場面は戦術と関係ない場面のプレーからそう感じてるんだから、監督がいくら言っても選手が悪いことは隠しようがない。
そんなことでごまかされない。
逃げるなと言いたいし、逃がそうとするなとも言いたい。
向き合え。
 
穴があくまでここ3試合のビデオを見て、だめなとこを自分、仲間、全部出してダメ出しし合え。
ダメなとこは徹底的に洗って見直すんだ。
強いチームと自分達のプレーがどう違うのか見て考えるんだ。
浦和戦の結果はどうでもいい。
その次の熊本戦に勝ちたいなら、上記のことをしなさい。
 
俺たち社会人でも会社で同じミス繰り返すのは許されない。
俺から見てると君たちは甘いよ。
そんなんじゃサッカー辞めたら、やっていけないぜ。
俺たちの方がタフだ。
ただサッカーが俺たちより上手いこと以外、君たちに負けてるとこ見つからない。
今の君たちはそう。

|

« 駒場までの1週間が始まって... | トップページ | 渦帝流サッカーファッションのプライド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒場までの1週間が始まって... | トップページ | 渦帝流サッカーファッションのプライド »