« 日本シリーズの感想(前編) | トップページ | ホーム最終戦でのイベント »

2010年11月10日 (水)

日本シリーズの感想(後編)

どっぷりと嵌って過ごした日本シリーズ感想の一応後編。多分、今回で終わる...予定。
 
第4戦はロッテにとっては王手が掛かる試合。逆に中日はここで王手はキツイのでどうしても勝ちたい。
先発はロッテは唐川、中日はベテラン山本昌。
私にとっても初の日本シリーズ観戦。
そんな私は3塁側2回内野席に座ります。前後左右が偶然にも中日ファン。
しかし、隣の若いチャラ男は、英智を”ひでち”と読む超にわか。
こんなやつに隣で喜ばれるなんて受け入れがたい屈辱です。絶対勝ちたいところでした。
第4戦となると先発投手陣の中でもプライオリティーの低い投手になりますが、その分短期決戦のシリーズでは重要です。
山本昌は立ち上がりは順調、唐川の方が不安定だったのですが、突然3回に打ち込まれ3失点。
4回からはネルソンにマウンドを譲ります。
この日と明日を勝って胴上げを見たいという夢が現実になりかけます。
しかし、唐川も4回に不安が的中。1点返され、尚もピンチの場面で早々と古谷に交代となります。
そして、3番手の小野が打たれスコアは3-3に。
ここからが壮絶な攻防が11時まで続くことになるとは。
この試合での中日中継ぎ、抑え陣は圧巻でした。
ピンチを迎えても最後の最後はやらせない。
9回裏の西岡(三振)、10回裏の福浦(サードライナーでダブルプレー)とピンチを凌ぐと、流れは中日へ。
11回表に大島のセンターオーバーのタイムリーで勝ち越すと、壮絶な延長戦は中日の勝利で終わりました。
私の周りの中日ファンは見せつけんばかりに嫌みったらしく歓喜に浸ります。くやしいったらありゃしない。
”ひでのり”という読みも知らないヤツに...(怒)。
しかし、この日の両軍の代償は翌日の試合に出てしまいます。
それが、この後のシリーズを左右する要素になったと今になると思えます。
一つ一つの小さな綻びが段々と積み重なっていました。
もっとも短期シリーズなら当たり前の部分もあり、誰かのちょっとした踏ん張りで消えてしまうこともあるのですが...。
 
第5戦、先発はロッテはペン、中日は中田賢でした。
この日は平日なので私は仕事。夕方ちょっとトラブったので会社を出たのは7時でした。
私の職場はプライベートで何をするとかしたとか会話を交わすことは全くといっていいほどありません。
実はかなり忙しいプロジェクトで、その中でも私は例外的に時間の自由が利く人間。
雰囲気的に「日本シリーズのチケット持ってて...」なんて言える空気ではないので、黙ってキッチリとトラブルの収束を見届けてから退社。そして、マリンへ。
完全にプレーボールに遅刻ですが、実は遅刻した方が勝率がいい私。
しかも実は今季ここまで生観戦未勝利だったので、遅刻しても気になりませんでした。
遅刻した方が勝率いいなら遅刻して行こうというくらいの気持ちでした。
そして今日は久々のライトスタンド。2回裏中に到着しました。
前から2列目で胴上げスポット。昨日勝ってりゃ...。
試合は遅刻したおかげか4-1でリード中。テンションあがります。
中日は今日も先発が持ちませんでした。
中田賢は初回4失点、4回2失点、5回3失点と5回9失点で試合をぶち壊してしまいます。
しかし、落合監督は中田を代えませんでした。
もしかしたら代えられなかったのか。
昨日は7人も投入したわけで、実は勝った第2戦も6人投入している中日。
ペンは不安も大きいピッチャーだっただけに、この日も絶対勝ちたかったはず。
中田が最初から不調だったこと、中継ぎ陣を投入して試合を保つことをしない、もしかしたらできなかったことでこの試合を落とした中日。
それでも圧倒的な勝率の地元に帰れば...と好材料もありましたが、ロッテ打線を勢いづかせたのは余計でした。
 
第6戦。球史に残る5時間43分のドローゲームは両チームのエース成瀬とチェンで始まりました。
成瀬6回2失点、チェン7回1失点と責任は果たしましたが、この時点でこれが試合の中間点ですらないとは想像もつくはずがありません。
ロッテは内⇒伊藤⇒薮田⇒古谷⇒小野⇒小林宏。
中日は浅尾⇒高橋⇒河原⇒岩瀬⇒ネルソン⇒久本。
ロッテはサブローのタイムリーで同点に。
しかし、バントのミスが相次ぎチャンスを生かせません。
延長戦12回以降はランナーも出せませんでした。
中日は幾度となくサヨナラのチャンスを作りますが、第4戦と逆に踏ん張り続けるロッテ投手陣に最後を決めさせてもらえません。
死闘というべき試合は15回を終えてドロー。
この試合は両軍にとって勝利か敗北か?
あえていうなら両軍とも勝利に近い価値があったと思います。
但し、ロッテは負けなかったから、もう一つ負けられる余裕をキープできたから。
中日は負けたら終わりだったので負けと評価はできないからと、異なる側面があったと思います。
中日はこの試合勝ちたかった。
いかに名古屋ドームでの勝率がいいと言っても、このドローで3連戦で残り2連勝が必須となったことのプレッシャーは大きかったのではないでしょうか。
ロッテは明日勝てばOK。7試合ならそもそもの想定内。
一方、中日は8試合戦わないと日本一になれないことになったのです。
もう1試合増えたことのストレス。そしてチェンで勝てなかったことの落胆。
ここにきて、このシリーズでの蓄積した疲労がパンクしやすい状況になったのは中日だったと思います。
 
そして第7戦。
ロッテ・渡辺俊介と中日・吉見。
初回から両先発が乱調だったことで試合は早くも中継ぎ陣勝負の様相になっていきます。
しかし、中日は初回にアクシデントが起きます。
守備で森野が荒木と交錯して負傷。
初回裏にタイムリーを放ち、チームにできる限りの貢献はしますが、彼が早々と交代したことは試合に大きな影響を与えます。
3回までに渡辺、小野を打ち込んで6-2とリードする中日。
しかし吉見がピリッとせず、交代した河原もいよいよもって疲れがでたのか、3失点して6-6に戻されてしまいます。
勢いはロッテに。
そして4戦、6戦と大魔神のごとくロッテ打線の前に立ち塞がったネルソンがキム・テギュンにタイムリーを許したとき、中日のシリーズの命運はつきたのかもしれません。
中日打線は9回に和田のスリーベースとブランコの犠打で同点にするものの、浅尾を4イニング目まで引っ張らざるを得ない状況にもありました。
大松の代わりにスタメンについた岡田。
浅尾の速球をセンターオーバーで跳ね返せると思っていた人がどれほどいたか。
この場面をバッテリーと打者の駆け引きではなく、力勝負で決まったことが残念と野村克也氏は言ってましたが、7戦目、3度目の延長戦の状況ではそれはムリではなかったかと。
浅尾は振り絞った力で速球を放り、岡田は見事に捉えました。
 
両軍とも投打とも差があったとは思えませんが、先発投手がより踏ん張れたロッテが持久戦の中でわずかに運を呼び込んだ、そんなだけの差が勝敗を決めたような気がします。
 
最後に選手評を。
【ロッテ】
西岡  : 気負い過ぎたと一番マークされてた影響か、今ひとつだったが、キャプテンとしては仕事はした。
       メジャーに行きそうだが、個人的にはメジャーなんて魅力的な職場には見えない。
       野手としてもメジャークラスには思えない。個人の自由だが、行かない方がいいとおもう。
清田  : 一番ブレークした人。来季は競争も激しくマークされて苦しむと思うが、市立柏魂で頑張って欲しい。
井口  : ロッテでは抜群の存在感。役者が違うのがありあり。いるだけで大きい存在だった。
サブロー: ここ一番では仕事をしたが、物足りない。
今江  : 乗りまくっていた。怖さはないが、抑えられる気も感じない妙な空気を出し続け、結果も出し続けた。
里崎 : クライマックスシリーズから見れば、間違いなくMVP。ボロボロのコンディションなのにチームを牽引し続けた。
      もう13日の韓国チームとの試合は欠場させて療養させるべき。それは勝利以上に必要なことだと思う。
岡田 : 大仕事を果たしてくれた。彼にとっては忘れられないシリーズに。
成瀬 : エースの役目は果たした。結果として初戦を勝ちに繋げたことは非常に大きかったと思う。
渡辺 : マリンでの出来は素晴らしかったが...、レギュラーシーズンもそうだが不安定過ぎ。
小野 : この人は影のMVP。使い勝手よろしく使いまくられても役目を果たした。
      失点もしたが、それを許してやっていいほどの酷な仕事をこなしたと思う。
内  :  シリーズ通じて素晴らしい出来。来季が勝負。
小林宏: 結構あんなもんだと思う。それじゃ困るんだが。

【中日】
荒木 : 悪くなかったと思うが、もう少し盗塁があれば。
井端 : 大ブレーキ。終盤にやっと当たりがでてきたがいかんせん遅すぎた。
森野 : 7戦目で無念の負傷。好調だっただけに痛かった。しかし、和田に繋ぐ役目がもっと果たせてたら中日が優勝したと思う。
和田 : 両軍通じて頭一つ抜けた存在感。唯一のスラッガー。大活躍だったが彼の前にランナーがいないことが多かった。
ブランコ: シリーズ通じて寝起き状態。大事な場面ではあまり活躍できず。
谷繁 : 攻守とも貢献度は大きかったが、ロッテ打線に打たせ過ぎた。
大島 : いいところで結果を出した。しかし、いい場面が回ってくることはあまり多くなかった。それが不運。
チェン : 両軍通じて一番いい投手。彼で6戦目を勝てなかったことは大きかった。
吉見 : 不調は誤算だったと思うが、そもそも...だったと思う。
山井 : 同上。中日先発陣はチェン以外は...だったことを図らずも証明してしまった。
ネルソン: 存在感あった。結果も出した。それだけに7戦目で打たれたシーンはシリーズの結末だったと思う。
浅尾 : 力投につぐ力投。責められない。悪いのはもたない先発陣。
岩瀬 : 仕方がないとはいえ、いい出番が少なかった。
   

|

« 日本シリーズの感想(前編) | トップページ | ホーム最終戦でのイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本シリーズの感想(前編) | トップページ | ホーム最終戦でのイベント »