« 何かが伝わる試合をしてくれ。 | トップページ | 日本シリーズの感想(前編) »

2010年11月 7日 (日)

次こそ伝わるものを。

今日はホントいろいろと疲れる。
いや、ちょうど今も疲れは溜まり続けてるんだけど。
それはさておき、今日の鳥栖戦の感想を。
 
とはいっても、何か新しいこととかはない。
誰でも気づくことしか書けそうにない。
簡単に感想を言うと、選手が一生懸命なのはわかった。でも、個人の頑張りがチームの頑張りになっていない。
選手が連動していないから、攻撃に圧力を感じない。
キラーパスが通るか、個の突破が成功するか、芸術的なプレーが炸裂するか頼みにしか見えない。
失点はスンジンとスンフンがクロスを見合ってしまい、通過したボールを豊田にやられた初歩的なミスである。
とはいえ、そんなミスはこの試合の、ていうか今のヴォルティスが抱える病巣の小さな症状の一つでしかない。
 
 
 
いや、もういいでしょ。終わったことさ。
次だよ、次。
次で何か伝わるものを見せてくれ。
 
疲れてて、今日はこれ以上書きたくない。

|

« 何かが伝わる試合をしてくれ。 | トップページ | 日本シリーズの感想(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何かが伝わる試合をしてくれ。 | トップページ | 日本シリーズの感想(前編) »