« お帰りっ! | トップページ | お別れを言わなくてもいい関係 »

2010年11月29日 (月)

この季節の風物詩

残り2節、半分のクラブがホーム最終戦を迎えました。
ヴォルティスも今季のホームの最終戦。
高校生らによるプロデュースによるイベントもあり、6000人の観客を集めることができました。
これは成功と言っていいと思います。
この6000人を、そしてイベントに参加してくれた若者たちの熱意を来季ムダにはできないですね。
 
最終戦はカッコよく勝利して終わりたいものです。
ですが、大概のチームはそういうふうにいきません。どんなにリーグ成績のよかったチームもその穴に嵌ることが多いのはなぜでしょう。
PKによる1点だけはちょっと寂しいですが、佐藤のヘッドは得点と認められるべきでしたし、そういうガッツあるプレーが見れたことと、何よりも勝てたことを良しとすべきかな。
やっぱり最終戦は勝たないとね。
 
この時期になると昇格や優勝が掛かっているときは別ですが、そうでない場合はどうしても選手のインタビューの表情や発言に気がいってしまいます。
ミノさんは特に表情に感情が現われるでもなく、それでいて言葉を選んでいましたね。
津田は試合後のインタビューも、MIPの表彰式もちょっと戸惑い気味。もっとも彼はいつもそんな感じですからどうなんでしょう。
柿谷は妙に語りや表情が優等生で何か含んでるのかと思わせるような...。
終盤になって覚醒の兆しも見せてきてますが、来季もいてくれるなら柿谷にもっと自由にやらせると面白いかもと思ってきているので来季もいてほしいです。
 
奥田嬢の質問は間が抜けてた。
 
これで今季が終わったような気分のサポーターもいるでしょうが、まだ私たちにはフクアリでの試合が待っています。
徐々に気分が高揚中。
 
さて、上にも通じてますが今季で契約満了となる選手が8人発表になりました。
三田、米田、挽地、ムギ、八田、日野、渉、コウタ。
残念ではありますが、これがプロの世界。
顔ぶれを見て遠慮なく言わせてもらうと、それぞれ実力はあると思いますが、他の選手にはない何かをアピールできなかったかなと思います。
申し訳ないけど、この顔ぶれに意外感がない。それは実感してほしいと思います。
でもまだみんな20代なんだからサッカーはまだまだ続けられます。
ここからも一つ自分の山を越えてレベルアップしたプレーヤーになってください。
ありがとうございました。
 
他のクラブ、特にマリノスなんかは荒れてるようですね。
でもちょっと考えても難しいよね。
仮に自分がクラブのフロントの人間で来季構想を決める立場にいたとして、誠意を持って戦力外を通告するって...どうすりゃいいんだろう。
この時期だけのことじゃなく、1年を通じて選手に誠意を持って接する、いろいろと支援してあげることが大事なのかもね。
実は昨日、意外なところで元関東隊メンバーでマリノスサポーターであり、社員でもあった人に会ったんだけど、松田直樹の戦力外には凹んでましたね。
マリノスのフロントの姿勢に落胆していましたが、彼自身もマリノスに冷遇された人(彼がそう思っているかはわからないけど)だと私は思っているので、選手のフロント不信はさもあらんて感じかな。
ヴェルディも厳しい時代を迎えているけど、次はマリノスかもね。
それが日産体質なのかはわかんないけど。
石井さん、どうなのよ?

|

« お帰りっ! | トップページ | お別れを言わなくてもいい関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お帰りっ! | トップページ | お別れを言わなくてもいい関係 »