« 羨ましい、悔しいくらいに。 | トップページ | 渦帝家のクリスマスはさらに盛り上がる。 »

2010年12月 7日 (火)

先ず隗より始めよ

今季最終戦の日で目にした光景から私が感じた落胆、悔しさ、羨ましさ、そして危機感が前回の記事になりました。
そこでは2人の方にコメントを頂きましたが、そのうちの一人の方が次の言葉を送ってくれました。
”先ず隗より始めよ”
意味は「事を始めるには、人にあれこれ言う前に自分が積極的にやり出すべきだ。大きな事を始めるには、呼び水になる小さなことから始めるとよい。」ということだそうです。
 
もっとファン、サポーターを増やしてもっと地元のクラブとして頑張ってくれと訴える力を高める必要があると言いました。
松田選手が叫んだような光景を鳴門に作りたいと言いました。
そのためにはまず自分から、どんな小さなことでもいいから、自分から始めましょうということです。
 
ズキッときましたね、正直。
シーズン中から、自分はあまりできることをしていないなとも思っていました。
ホームのサポーターがいろいろある中でも頑張っているのも知っていたので、それに寄りかかっていた部分もあったんだと思います。
しかし、最終戦の日の光景から感じた危機感を気がついていて放置するのは間違いでしょう。
言うだけで解決は人任せにするのはもっとよくないかもしれません。
 
だから、何でもいいから、小さいことでいいからやろうと思います。
例えばね、今もゴール裏、特に私が参戦するアウェイでは選手の横断幕が少ないです。
だから誰かの横断幕を作るとか。
ゲーフラを作るとか。
 
そして、もっとメッセージの籠もったバナーを発信する。
今朝、記事のコメントを読んでから早速会社でPCを使って考えて、ある一言を見つけました。
それはまた後日ここで発表しようと思いますが、それを来季の自分のスローガンにしようかと思います。
 
自分から動かないと、ちいさなことでも。
応援する者の気持ちが、選手に、クラブに伝わる何かを。

|

« 羨ましい、悔しいくらいに。 | トップページ | 渦帝家のクリスマスはさらに盛り上がる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羨ましい、悔しいくらいに。 | トップページ | 渦帝家のクリスマスはさらに盛り上がる。 »